仕事納め

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

本日、西島木材は仕事納めでした。

毎年、

大そうじをして、

お蕎麦を食べて、

賞与とお歳暮をお渡しして、

仕事納めとしています。

 

今年も無事にケガや事故もなく、

また誰一人大病をすることなく、

一年を終えられることに心から感謝したいと思います。

 

このブログを読んでくださってる方、

ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い致します。

 

 

木になる話

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日はクリスマスですねー♪
だからといって一切催しがない西島家です・・・^^;

ただね、

結婚して26年、初めて夫にXmasプレゼントをしました。

 

 

無垢材のシャープペンです。

樹種は「エンジュ」。

中国では「出世の木」「崇拝の木」といわれ、

縁起がいいので庭木として植えられる樹なんだそうです。

 

 

ところで、

このリフォームママのブログ 今回の記事で

なんと!なんと!2000記事なんですよ~!

 

たいした内容ではないけれど、

よくもまあ今まで続けてきたなぁと。

 

たまにね、

「ブログ読んでます」という方にお会いするんですよ。

そういう奇特な方がこの世にいらっしゃるので、

西島も続けてこれたのだと思います(笑)

改めて、そんなマニアックな方へ、

こんなブログを読んでくれてありがとうございます。

少しでもお役に立てるような、前向きになれるような記事を

書きますので、これからもよろしくお願いしますね!

 

 

 

ちなみに、

今日、ネタ帳から見つけた「木になる話」をご紹介します。

興味がなければ、ここでスルーしちゃってくださいね。

 

*************************************************

木になる話

今から約二年位前の話だ。

その頃、ライフサポートてだこは、ある意味でドン底にいた。

次々と職員が退職し、社内の雰囲気は最低であった。

代表の僕と、社員との心の溝は深く、話し合えば話し合うほど

傷つけ合う悪循環の中にいた。

主要な職員が次々に退職して、後任は決まらず、採用は進まず、

現場では待たせるわけにはいかないお客様への対応で、肉体的にも精神的にも、

僕はクタクタに疲れきっていた。

心まで憔悴しきっていた。

そんなある日、僕はある先輩経営者の前で、

去っていく職員に対しての愚痴をこぼした。

そりゃ僕にだって事情も言い分も山ほどあった。

それが愚痴や批判となって溢れ出たのだった。

そんな僕にその先輩経営者は「木になりなさい」と話してくれた。

彼の話では、社員は鳥、経営者は木なのだ。

鳥は、来たい時に来て自由に実を食べて好きなだけ羽を休めて、

また次の場所へと羽ばたいていく。

嵐を避けるためでも、巣を作り子育てするためでも、鳥の目的はどうでもいい。

それが鳥だし、鳥は鳥、それでいい。

そんな鳥たちにいちいち文句をつける木があるかと、僕は叱られた。

彼は続けた。

「言いたい気持ちはよく分かる。

でもね、松本君、それでも僕たちは木なんだよ。

土砂降りが続こうが、日照りが続こうが、僕らはどこへも行けないんだ、

逃げられないんだ。

やめることもできず、お客を放り出すこともできず、借金も消えない。

僕らの道は二つだけ。

ここで朽ち果てるのか、ここで大地にしっかりと根を張り大きく成長するかの

どっちかしかないの。

だから、去る鳥追うな。実をたらふく食ったとか、穴あけたとか、

鳥のこと悪く言う木はいないだろう。

みんな黙って大きく育つんだ。

鳥が飛び去りながら垂れたクソさえも、栄養に変えて枝を伸ばすんだ。

それが君が選んだ経営者という道だろ」

それから、しばらくの間、

僕と副代表・比嘉との間で「木になろう」は合言葉になった。

もちろん今でも悪戦苦闘している。やっぱり去っていく者は今でもいる。

しかし、あの時に言われた教えは守っている。

「辞める」と一度心に決めて口に出した社員を絶対に説得して

止めてはいけない。

どんなに困っても、どんなに悔しくても、笑ってその人の再出発を

心から祝福して、笑顔で見送る。

そして、また、目の前の仲間たちのために全力を尽くす。

大きく枝を伸ばし、木陰を作り、おいしい実をたくさん付けて、

どっしりと構える。

大樹にはまだまだ及ばないけれど、膝丈くらいの苗木ぐらいには

なっただろうか。

 

*********************************************

 

 

DIY教室

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は、天皇陛下のお誕生日♪

会見の模様を動画で拝見してたらうるっとなりました。

本当に国民の安寧、平和を心に留めていらっしゃることに

もったいない気持ちにさえなりました。

 

 

さて、日曜日の午後、会社で事務仕事をしていたら、

郵便局の方が配達物を持ってきてくれました。

 

 

家にあまり(というかほとんど)いないことを知ってるので、

受領印のいるものは、会社に持ってきてくれるのです^^;

本当に助かります!

 

 

ところで、本日配達してくれたのは、こちら↓

 

 

来年の木工教室では、

ちょっと大物に挑戦したいと思っているんですね。

なので、参考になる本をただ今集めております。

 

 

家具なんて無理~って思ってたけど、

作り方を見ると、そう難しくもないような気がします。

 

達成感も、きっとひとしおですよねー。

 

 

今年の手帳を見返してたら、こんな言葉が書き留めてあったんです。

 

『才能とは継続する情熱のことである』(モーバッサン)

 

来年も引き続き、木工教室は継続していきますからね。

 

興味がありましたら、じゃんじゃんお申し込みくださいね。

 

構造用合板

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

世間では3連休のところも多いのでしょうか。

西島はこの3連休に、いろんな追い上げをせねば・・・

泣いても笑っても、今年はあと1週間余りですからね^^

 

 

さて、今、県産材の店舗用助成金の申請を作っています。

 

店舗用の場合、不特定多数の人に見てもらえる場所に

県産材が使われていないとだめなんですね。

一般住宅なら、床の下地や屋根の野地板でも

申請できるのですが、

店舗用は下地では県産材のPRにならないので、

できないんですよ。

 

で、今回は外壁に使う予定です。

 

お施主さんもいろいろ研究されてて、

内装は構造用合板を張るとのこと。

 

その参考にされたお店がこちら↓

あわら市にあります“スマイル ファクトリ”さん。

30代の女性が好みそうな、かわいいカフェです。

 

西島も参考にするため、お茶してきました。

(営業は木曜日と金曜日の11:00~16:00)

 

本当は、無垢の(ほんまもんの)木の板を張りたいそうですが、

予算のこともありますので。

ただ、イメージは木をふんだんに使ったお店。

なので、構造用合板は下地材ですが、

雰囲気はでると思います。

 

仕上がりがとっても楽しみです♪

 

さてさて、残り少ない年末、

ひとつひとつこなしていきたいと思います!

エイエイオー\^0^/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かかりつけのリフォーム屋さん

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は雪雷がすごかったですねー!

実は、その雷が社員の自宅に落ちたんですよ。

電気系統全部やられて大変だったみたいです。

煙が上がったので、ご近所の方が消防車を呼んでくれてたそうです。

幸い、火事にはならなかったのと、

建築(リフォーム)の仕事をしてますから、

いつもの電気屋さんがすぐに分電盤を手配してくれ、

割と短時間で復旧しました。

 

 

あのね、

「かかりつけのお医者さん」みたいに、

「かかりつけのリフォーム屋さん」を見つけておくといいですよ。

 

特にこれからの時代。

今年の大雪や台風で、屋根や雨樋が落ちたり外壁がはがれたりと、

多かったですよね。

 

たぶん、どこの建築屋さんも大忙しだったと思います。

 

西島木材も手が回らないくらい忙しかったのですが、

そうなると優先順位は、

当然ふだんからお仕事させてもらってるとこからになります。

ていうか、ふだんおつきあいのないところは、お断りさせていただきました。

 

これからますます職人さんが減ってきます。

高齢化や後継者がいないので。

近い将来はロボットが出てくるんだろうけど、

職人の仕事は、二つとおなじものがないんですね。

たとえ、水栓ひとつ交換するのでもお宅や経年、機種によって、

違ってくるんです。

それをロボットが対応できるかというと、

まだまだ遠い時代だと思うのです。

 

『雨漏れするから来てほしい!』って電話しても、

「すみません、来月まで行けません」って断られる時代が、

すぐそこまできてると感じてます。

 

言っとくけど、脅しじゃないですからね(笑)

 

「西島木材でどうぞー!」とは言いませんが、

ぜひ、あなたのかかりつけリフォーム屋さんを見つけてくださいね。