かかりつけのリフォーム屋さん

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は雪雷がすごかったですねー!

実は、その雷が社員の自宅に落ちたんですよ。

電気系統全部やられて大変だったみたいです。

煙が上がったので、ご近所の方が消防車を呼んでくれてたそうです。

幸い、火事にはならなかったのと、

建築(リフォーム)の仕事をしてますから、

いつもの電気屋さんがすぐに分電盤を手配してくれ、

割と短時間で復旧しました。

 

 

あのね、

「かかりつけのお医者さん」みたいに、

「かかりつけのリフォーム屋さん」を見つけておくといいですよ。

 

特にこれからの時代。

今年の大雪や台風で、屋根や雨樋が落ちたり外壁がはがれたりと、

多かったですよね。

 

たぶん、どこの建築屋さんも大忙しだったと思います。

 

西島木材も手が回らないくらい忙しかったのですが、

そうなると優先順位は、

当然ふだんからお仕事させてもらってるとこからになります。

ていうか、ふだんおつきあいのないところは、お断りさせていただきました。

 

これからますます職人さんが減ってきます。

高齢化や後継者がいないので。

近い将来はロボットが出てくるんだろうけど、

職人の仕事は、二つとおなじものがないんですね。

たとえ、水栓ひとつ交換するのでもお宅や経年、機種によって、

違ってくるんです。

それをロボットが対応できるかというと、

まだまだ遠い時代だと思うのです。

 

『雨漏れするから来てほしい!』って電話しても、

「すみません、来月まで行けません」って断られる時代が、

すぐそこまできてると感じてます。

 

言っとくけど、脅しじゃないですからね(笑)

 

「西島木材でどうぞー!」とは言いませんが、

ぜひ、あなたのかかりつけリフォーム屋さんを見つけてくださいね。

 

 

 

デジカメの講習

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は、ふくい産業支援センターにて、

「プロに学ぶ!デジカメ撮影テクニック講座」を

受講してきました。

 

現場の写真が下手すぎるので、基本を学ぼうと思いまして・・・

 

立体感や陰影、奥行、自然光の大切さを習いました。

 

でもね、いい写真を撮ろうと思ったら、

いいカメラを買わなあかん!という結論に達しました。(そこー?!)

 

ちなみに、このお風呂の写真は、

今日撮らせてもらいました。

先日リフォームしたばかりのお宅です。

 

 

 

朝日で撮ったほうがいい。

中の照明は消したほうがいい。

そして、高いカメラで撮る。(笑)

 

習ったことがまったく活かせていないんですが、

お客さんのご都合もありますからね^^;

 

これからは、習ったことを意識して、

現場の写真を撮りたいと思います。

 

ところで、

西島木材のホームページに「求人募集」のコーナーを設けました。

元気のある方なら、経験は問いません。

女性の方も大歓迎です。

いっしょに西島たちと働きませんか^^

まずは、お電話くださいね。

0120-430-156(担当:西島)

 

 

お風呂のリフォーム

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は、お得意先様の建方のお祝に行き、

 

そのあと、金津創作の森に行ってきました。

 

(福井県出身 久里洋二氏の作品展)

たまには、感性を磨かなくっちゃね!

 

そして、本日は、タカラスタンダードショールームへ。

今度、お風呂をリフォームされるお客様を

お連れしました。

 

タカラスタンダードの売りは、なんといっても「ホーロー」

ホーローの特徴を実験を交えながら、

説明していただきました。

 

写真は、お風呂の壁に油性マジックで落書きをしてるとこ。

ホーローは水を流すだけで落ちちゃうんですよ。

それにしても、展示品とはいえ、

売り物(ユニットバス)に油性マジックで落書きしたり、

カネのブラシでこすったり、

ライターであぶったりと、

見ているこっちがビビるんですけど・・・^^;

これも、商品に対する絶対の自信があるから、

できることなんですよね。

 

 

ところで、

先日ユニットバスにリフォームされたお客さんが、

大変喜んでいらっしゃいました。

ずっと寒かったお風呂が、とてもあったかくなった、と。

 

その感想をお聞きして、私たちもすごく嬉しくなりました。

今まで、不便・不満だったのが解消されたんですもの。

リフォームママとして、これほど幸せなことはありません。

 

さて、次の工事もがんばるよー \^0^/

 

 

 

タカラスタンダードのお風呂「ピッタリサイズ」

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

三連休はいかがお過ごしでしたか?

 

西島は、お客さんといっしょに

タカラスタンダードのショールームに行ってきました。

 

今、使われているお風呂もお手入れが行き届いていて、

とてもきれいなんですが、寒いとのこと。

冬までに、あたたかいお風呂にしたいというご要望でした。

 

最近は、浴室暖房乾燥機は標準になりましたね。

ショールームでは、これも体感できます。

めっちゃあったかいんですよ。

これなら、冬のヒートショックは防げると思います。

また、カビ対策やお洗濯ものの室内干しにも重宝します。

 

こんな雰囲気になる予定です。

 

 

ところで、お風呂のリフォームをされるとき、

どんな寸法でもできると思ってる方もいらっしゃるのでは・・・?

 

システムバスの場合、大概のメーカーは

0.75坪、1坪、1.25坪(1.5坪があるところもある)という

ラインナップです。

 

在来工法のお風呂からリフォームすると、

この企画の寸法が入るようにしか、選べないんですよ。

そのため、「前よりお風呂が狭くなった」

「無駄なスペースが隠れていた」

ということになるんですね。

 

もしくは、脱衣場との壁をぶち破るとか、外壁を壊して外に出すとか。

 

そうなると、費用もだいぶかさみます。

 

その点、タカラスタンダードの「ピッタリサイズ」は、

既存のお風呂とほぼほぼ同じサイズでのお風呂にリフォームできるのです。

 

これは、タカラにしかないのです!

 

今回も、この「ピッタリサイズ」で施工いたします。

 

 

 

 

林真理子氏来福♪

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

現在、お風呂とキッチンのリフォーム現場です。

 

 

 

解体工事は終わったようです。

完成しましたら、アップしていきますね。

 

 

 

さて、今日の福井新聞に作家の林真理子さんが
載っていました。

 

福井県(大野)にいらしてたんですね。
行きたかったなぁー。

 

実は独身の頃から、林真理子さんの文章が大好きでした。
最近こそ、読まなくなっちゃったけど、
昔はほとんど読んでたような気がする^^

 

毒舌というのかな?!
ほんといいとこついてて、面白いんですよね。

 

林さんは、今、来年のNHKの大河ドラマ「西郷どん」の
原作を執筆中だそうです。

 

素人の私でも、大河ドラマの原作っていったら、
大変だろうなーと想像がつきます。

 

でも、林さんは、

 

「私ははっきり言って歴女ではないが、

『人間は背伸びをしないと向上しない』

 

 

がモットー」だから、引き受けたと動機が書かれていました。

 

≪背伸びをしないと向上しない≫

めっちゃいい言葉ですよね。

 

今日、給料日なんですが、
毎月手紙を入れてるんです。

 

この言葉、すごーく気に入ったので、
パクらせてもらいました。^^;