こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です、

西島木材の三代目女房をやっております。

 

 

さて、昨日の福井新聞です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の10月より、解体やリフォームをする際、

事前にアスベストが含まれていないかの検査が、

義務付けられたのです。

 

その調査費もそうですが、万一含まれている場合、

除去費用が余分にかかるんですね。

 

この新聞の投稿者は、除去費用が数十万円かかると言われ、

リフォームを躊躇しているという記事でした。

 

しかも、そんな体に危険なもの(アスベスト)をなんで使ったんだ?!

って話ですよね。

お怒りは、ごもっともです!

 

 

アスベストは自然の鉱物で、耐熱性・耐摩耗性・断熱・防音性・

絶縁性(電気を通しにくい)・拡張力(ひっぱりに強い)・

紡織性(しなやかで布や糸に織れる)・耐腐食性とどれも優れていて、

そして安い!

当時は「奇跡の鉱物」とまで言われたのです。

そのため、建築現場で多く活用されてきました。

 

しかし、アスベストの粉塵を吸入して、10年~数十年経過後、

中皮腫、石綿関連肺がんが発症するということで、

製造禁止になったのです。

 

ただ、2006年以前の建造物には、使用されている可能性が高いため、

検査が義務付けられました。

 

 

ベテランの大工さん曰く、

『アスベストが含まれているほう(建築資材)が、

仕上がりはきれいや』と。

 

”いいこと2つはない”と言いますが、必ず欠点があるんですよね。

 

 

西島もこの度、

「建築物石綿含有建材調査者」の資格を取得しました。

調査者も防護服みたいなのを着て、防護マスクを付けないといけないんですね。

当たり前だけど、自分がばく露する可能性がありますからね💦

不安がいっぱいですが、がんばります❣

 

 

 

ではでは、今日も筋トレするよーーー❣

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。