こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

ワークショップで使おう思っているステンシルシートが

届きましたよ~💛

 

 

 

 

 

 

これ、ぜーんぶハンドメイドだからね!

私にゃ無理だね(-_-;)

 

しかも、どれもセンスいいでしょ。

木工がまあまあ下手でも、

塗装してステンシルすると、超かわいくなるからね(笑)

楽しみにしていてねー!

 

ところで、最近、資産、お金、投資に関するYouTubeを

よく見ます。

そこでは、「家は資産か負債か?」といった質問が出てきます。

その話は後日させてもらうとして・・・・・

 

まず、あなたは家計簿をつけてらっしゃいますか?

実家の母や義母もつけてはなかったと思います。

ご近所の奥さんたちもほとんどがつけていらっしゃらないようです。

 

毎日のこととなると、結構めんどうですよね。

 

西島は、独身の頃、会計事務所で働いていたんですね。

だからというわけではないけれど、そのころから、

家計簿をつけているんです。

なので、もう30年以上になります。

 

特に今は、個人の財布のほかに、会社(西島木材)の財布と

木材組合の財布を預かっています。

だから、3つとも金銭出納帳を付けてないと、

混乱しますからね。必須なんです。

 

もし、個人の財布だけだったとしても、

何かしら、お金の流れがわかるものを記録しないと不安になるかも・・・

食費にいくらかかって、今月交際費はどのくらいあったか、etc.

あくまでも西島の感覚なんだけど、

記録したほうがお金が貯まりやすいように思います。

 

西島の大好きな経営者の一人に、「お好み焼きの千房の中井社長」が

いらっしゃいます。

CDもよく聞いてたんですが、その中で、

中井社長が丁稚奉公時代にお兄ちゃんから、こんなことを言われました。

『政嗣、一人前の商売人になろう思ったら、金銭出納帳をつけるんやで』と。

 

で、実際、中井少年は事細かにつけていったんです。

 

その後、信用組合からお金を借りる際、その金銭出納帳が担保になると、

無担保で融資を受けることができました。

それだけ、キッチリしていたら、ちゃんと借金も返せるだろうと

信用組合の理事長は思ったそうです。

 

ま、商売人になるつもりはないという方でも、

騙されたと思って、家計簿をつけてみてください。

思わぬ発見があるかもしれませんよ^^

 

どこに問題があるのか?

どのくらいまでなら、投資に回せるのか?

それが見えてくるので、

結果、お金が貯まりやすくなるのかなと感じてます。

 

 


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)