こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は大腸ガンの検査をしてきました。

もう5、6年前から、検査しなくちゃと思ってたんですが、
あっという間に月日が流れてました。

もう20年くらい前、

子どもたちが7歳、5歳、3歳と一番手のかかる頃、
健康診断をしたら、

「ガンの疑いがあります。

至急、下記の医療機関を受診してください。」という通知がきたんです。

もうビビりましたよ。

義姉が30代でガンで亡くなっていたので余計でした。

幼い子どもたちを残して死ねない!と。

再検査して結局異常は見つからなかったのでよかったのですが、

以来、健康診断は欠かさないんです。

ただ、大腸の検査は、2ℓの腸の洗浄剤を飲まなくてはいけないので、
それが結構つらくて、遠のいちゃいました^^;

 

 

以前に、ガン患者さんの手記を読んだのですが、

幼い3人の子どもを残しての治療をされた女性のものでした。

当初は「なんで私だけがこんな事にならなければいけないの」

と、悔しさや腹立たしさばかりがあったそうです。

特にラルスという治療が激痛を伴い辛かったそうです。

そんなとき、脳科学の権威 村上和男先生の本を読み、

いろんなことに感謝するようになりました。

副作用で抜けた髪の毛の一本一本まで。

そしたら、あんなに辛かったラルスもそう感じなくなったそうです。

そればかりか、助からないと言われていたガンそのものが

消えたそうです。

 

その記事が頭にあったので、

2ℓの腸洗浄剤を飲むときも、点滴しているときも

ひたすら「ありがとう」と(心の中で)唱えていました。

そのせいか、これまでの検査で飲み切れなかった洗浄剤を

初めて飲み干しました(笑)

また、今まであったポリープも消えていました。

検査の時だけ、「ありがとう」を唱えたのではなく、

毎朝、犬の散歩のとき、全ての臓器に「ありがとう」と言うのが

日課なんです。

臓器だけでなく、

両親をはじめ、ご先祖様、親戚、社員さん、仕入れ先、

あわら市民、福井県民、日本国民、世界中の人、地球、宇宙・・・と

ずーっと「ありがとう」を散歩中言い続けてるんです。

何年も言ってますね(笑)

 

人がいいよ!っていうことは、

とりあえずやってみたくなる西島なのです^^

あなたもやってみませんか?

いつでもどこでもできますから^^

 

 

あ、そうそう告知するのを忘れていました。

 

来月の「ちっちゃな手づくり工房」は

ラダー型ブックシェルフを作ります。

お申込みお待ちしております。

 

 

 


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)