こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日も福井は雪がシンシンと降っていますよー。

田んぼや側溝にはまっている車も多いので、

じゅうぶんお気を付け下さいね。

 

ところで、

昨日(1/12)は妹の誕生日でした。

なのでLINEでお祝メッセージを送ったんです。

 

そしてついつい、書いてしまうの。

「ご主人を立てて、

お舅さんお姑さんを大事にしなさい。

それが子どもにとって、

一番幸せにつながります」

 

なんだか、西島がとってもデキた嫁みたい(笑)

自分は全然できんかったくせに・・・

人には言うてしまうんですよね^^;

 

さてさて、さっき薪ストーブに端材を入れようとして、

やめた木があります。

 

 

 

両方とも柱の切れっ端なんです。

ぱっと見、いっしょに見えるかもしれませんが、

まったく違うんですよ!

 

上から見るとわかりやすいかな。

 

左のは集成といって、

木材を5枚張り合わせてるんですね。

年輪もバラバラでしょ?!

樹種も表は米松で、中3枚は杉なんですね。

(この集成材を薪ストーブに入れるのをやめました)

 

 

右の方は、年輪もきれいに出てるでしょ?!

ほんまもんの木ってわかりますよね。

どう考えても、接着剤(化学物質)をしっかり塗った柱が、

体に害を及ぼさないとは思えないんですよね。

ただ、施工する側としたら、割れやソリがなく、

クレームは少ないので扱いやすいのも事実です。

 

 

私が家を建てるなら、息子たちが家を建てるなら、

集成の柱は絶対使わせないと思います。

 

 

デザインや間取りも大事ですが、

躯体に何が使われているかのほうが、

もっと大事だと思うんですよねー。


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)