こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

さて昨日から、Back to the    business.

お盆休みも終わっちゃいましたね。

いかがおすごしでしたか?

 

 

西島は珍しく、お盆休みに旅行をしました。

一泊ですが高野山まで。

 

 

なんで、高野山なのか?

 

 

気になるでしょ?

ならんか(笑)

 

 

先々月だったかな。
「世界一受けたい授業」という番組で紹介されたんですね。

 

外国人にすごく人気がある世界遺産らしいです。

神秘的というか静寂というか。

 

それを見てめっちゃ行きたくなったんです!

 

高野町は人口が4000人という小さな街で、
そのうちの1000人が僧侶。

4人に1人が僧侶なんですよ。

 

宿泊施設も「宿坊」といって、お寺なんです。
お風呂もトイレも共同で、昭和初期な感じ。

テレビもない。

そこがまた魅力に感じたんですけどね。

 

ちなみに、西島が泊まった宿坊「西門院」です。↓

 

 

子供の頃、
「高野山は空海。比叡山は最澄」というのは覚えたんですね。

でも、どこにあるのかはわからなくて、この歳になるまで、
高野山は比叡山の近くだろう。

京都あたりかな。

そういえば、京都に高尾山ていうのがあったから、きっとその近辺だろう。

 

というなんともお恥ずかしいほどの無知な状態でした^^;

(しかも、しばらく京都に住んでいたのに・・・)

 

あ、高野山は和歌山県ですからね。

 

こちらは奥ノ院に向かう参道です。

 

これは3本じゃなくて1本の杉の樹なんですよ。

こんな大木がうじゃうじゃありました。

 

高野山は開山1200年ですから、
きっとそのころからの杉もあるんだろうと思います。

 

以前、屋久島に行ったけど、
屋久杉以上に多く感じました。

 

すごいでしょ?
大の大人の背丈を優に超えてます。

 

こちらは、金剛峰寺のお台所です。
今でも、行事の時は使われているそうです。

西島が感動したのは、この梁です。

比較物がないので、太いのが分からないかな?

 

こんなでっかい梁はいまだかつて見たことがありません。

 

 

すみません^^;

お寺よりも、つい〝木〟に目がいってしまいます。

 

 

 

テレビで紹介されたのは、とても神秘的な静寂な高野山でしたが、

ちょうどこの日は「ろうそく祭り」といって、
一年で最も混雑する日だったんですね。

西島の後ろの方も、すっごい人、人、人・・・でした。

これは開門を待ってる状態。

 

で、暗くなってくると、こんな感じ。

 

 

 

ふだんの日だったら、宿坊の門限が9時なので、

ほとんど人も出歩いていないみたいです。

 

 

今度は、行事のないとき、静寂な高野山を味わいたいです。^^

(もう一回行く気マンマンです)

 

なんてったって、世界遺産ですから。

一回は足を運んでみる価値あると思いますよ^^

 

 

余談なんですが・・・・・

高野山は真言密教なんですね。

あちこちに「おんまいたれいや そわか」というお経(?)の
紙が貼ってありました。

 

こう唱えながら、お参りされてる方もいらっしゃいました。

 

昔、「そわかの法則」という本を読んだんだけど、

それには、

そ・・・掃除

わ・・・笑い

か・・・感謝

これを続けると幸せになると書かれていました。

確か、このお経(?)の最後の意味だとか書かれてたんだけど。

 

事実かどうかはわかりませんが、
そ・わ・かを続ければ、間違いなくすばらしい人生になると思います!

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)