こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

知る人ぞ知る(?)
西島木材には古材の在庫があるんですね。

古材とは、築60年以上の古民家を解体したとき、
出る木材のことです。

 

なので、古材を建築に取り入れたいという方が、
ときどき見にいらっしゃいます。

 

県外からでも普通にいらっしゃるんですよ。

 

本日も設計事務所の若い方々がお見えになり、
お買い上げいただきました。

 

まだ詳しくは書けないのですが、
嶺南地方の建築に使われます。

 

ケヤキの尺角(30㎝×30㎝)の柱とかも
買われたのですが、どんな感じに仕上がるのか、
超楽しみですね。

 

そして、もう一度、
古材たちが日の目を見ることが、
なによりも嬉しいのです!

 

古材と聞くと「古い材」と書くだけに、
強度が大丈夫なの?って思うでしょ?

 

木は伐採後、100年経ってからが強度を増すと
言われています。

 

実際、日本最古の木造建築物の法隆寺は、
1300年を超えてますからね。

あ、日本最古でなくて、
世界最古らしいです。(木造としては・・・)

 

 

ところで、倉庫に行った帰り、
金津創作の森に寄ってきました。

 

紫陽花が見ごろでした。

 

 

森林浴にほもってこいの場所です。 

こちらのアートコアでは、
常に、何がしかの展示をやってます。

 

また、創作工房では、ガラス作り体験等、
できますよ。

 

あわら市(福井県)にお越しの際は、
一度寄ってみてくださいね。


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)