「ありがとう」の力

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は大腸ガンの検査をしてきました。

もう5、6年前から、検査しなくちゃと思ってたんですが、
あっという間に月日が流れてました。

もう20年くらい前、

子どもたちが7歳、5歳、3歳と一番手のかかる頃、
健康診断をしたら、

「ガンの疑いがあります。

至急、下記の医療機関を受診してください。」という通知がきたんです。

もうビビりましたよ。

義姉が30代でガンで亡くなっていたので余計でした。

幼い子どもたちを残して死ねない!と。

再検査して結局異常は見つからなかったのでよかったのですが、

以来、健康診断は欠かさないんです。

ただ、大腸の検査は、2ℓの腸の洗浄剤を飲まなくてはいけないので、
それが結構つらくて、遠のいちゃいました^^;

 

 

以前に、ガン患者さんの手記を読んだのですが、

幼い3人の子どもを残しての治療をされた女性のものでした。

当初は「なんで私だけがこんな事にならなければいけないの」

と、悔しさや腹立たしさばかりがあったそうです。

特にラルスという治療が激痛を伴い辛かったそうです。

そんなとき、脳科学の権威 村上和男先生の本を読み、

いろんなことに感謝するようになりました。

副作用で抜けた髪の毛の一本一本まで。

そしたら、あんなに辛かったラルスもそう感じなくなったそうです。

そればかりか、助からないと言われていたガンそのものが

消えたそうです。

 

その記事が頭にあったので、

2ℓの腸洗浄剤を飲むときも、点滴しているときも

ひたすら「ありがとう」と(心の中で)唱えていました。

そのせいか、これまでの検査で飲み切れなかった洗浄剤を

初めて飲み干しました(笑)

また、今まであったポリープも消えていました。

検査の時だけ、「ありがとう」を唱えたのではなく、

毎朝、犬の散歩のとき、全ての臓器に「ありがとう」と言うのが

日課なんです。

臓器だけでなく、

両親をはじめ、ご先祖様、親戚、社員さん、仕入れ先、

あわら市民、福井県民、日本国民、世界中の人、地球、宇宙・・・と

ずーっと「ありがとう」を散歩中言い続けてるんです。

何年も言ってますね(笑)

 

人がいいよ!っていうことは、

とりあえずやってみたくなる西島なのです^^

あなたもやってみませんか?

いつでもどこでもできますから^^

 

 

あ、そうそう告知するのを忘れていました。

 

来月の「ちっちゃな手づくり工房」は

ラダー型ブックシェルフを作ります。

お申込みお待ちしております。

 

 

 

みそづくり~いい口ぐせが幸せを呼ぶ

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

本日も倉庫で「みそづくり教室」をしました^^

 

手動の機械

 

モーター付き機械

 

大豆と麹を混ぜ合わせているとこ。

 

オレンジのバンダナをしてるのが西島です^^;

 

 

今日も無事に終わることができました(たぶん^^)

ありがとうございます!

 

 

 

話は突然飛びますが、

 

昨晩、

PHPの「いい口ぐせが幸せを呼ぶ」という小雑誌を

読みました。

 

よく「発した言葉通りの人生になる」とか言いますよね?

(言いませんか?(笑))

西島はよく耳にするんですね。

なので、ネガティブな言葉を言ってはいけない・・・とか。

 

でも、どうしてそうなのか?がわからなかったんですね。

 

PHPの小雑誌にわかりやすく理由が書かれていました。

抜粋しますね。

***********************************

脳は、記憶を保管する装置です。

ただし、その記憶が事実か事実でないか、

自分のことなのか他人のことなのか、

過去・現在・未来のどの部分なのかは、判断できません。

 

ですから、本当は疲れていたとしても、「元気」と口にすれば

脳はその言葉に反応します。

脳の自律神経系は、いい言葉を浴びていると、

言葉が示す通りの反応を、

心や体に対して起こすのです。

 

すなわち、いい言葉を使って脳をだますことで、

「疲れた」が「元気!」に、

「できない」が「できる!」に、

「つらい」が「楽しい!」に、

現状を変えることが可能になります。

 

・・・とありました。

また、こうも書かれていました。

脳のしくみは、

入力(思い・イメージ)よりも出力(言葉・動作)を信用する」

 

言葉を発すると、

言語中枢のある左脳から脳梁に情報が伝わり、

右脳でイメージを生み出します。

そして、イメージに沿って

右脳から感情脳の扁桃核に情報が伝達され、

感情が引き出されます。

 

そこで生じた感情に応じて

思考が生みだされるようになっています。

 

つまり、言葉と思考は密接にかかわっていて、

言葉が後ろ向きになると、

同調するように

思考も後ろ向きになってしまいます。

 

***********************************

 

なるほど!

それならば、ポジティブな言葉を発した方が人生得ですよね!

 

あなたも、ふだんの口グセを振り返ってみてはいかがでしょうか?

身近にいる人に聞いてみるのもいいかも・・・^^

 

 

 

 

 

 

みそづくり教室

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は朝から雪が降り、北陸の冬を感じますね。

冬生まれのせいか、そんなに雪は嫌いじゃないんです^^

そして、

味噌作りには、こんな寒の時季がぴったり!

というわけで、

本日は、西島木材倉庫内で、「みそづくり教室」を開催しました。

 

 

今回は、社員の自宅にあった“モーター付きの豆つぶしの機械”を

持ってきてくれたので、めっちゃ早かったです。

手動の機械も動かして、スムーズにいきました。

 

また、参加者のみなさん初対面でも、

すぐに打ち解けてくださるので、

主催者側としてほんとありがたいです。

 

『来年もまた参加したいです』と帰って行かれると、

また一年間しっかりがんばろう!という気になりますね。

 

さて、明日もありますので、今日はもう帰ろうと思います。

 

 

県産材のあふれる街づくり事業2019

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

インフルエンザすごく流行ってますね。

西島木材では、今週末「みそづくり教室」をするので、

インフルエンザにも風邪にも罹るわけにはいかないんですぅ。

予防接種もしてないからね^^;

(毎年のことだけど・・・)

 

 

 

さて、昨晩は大好きなフラワーアレンジメントのレッスンに

行ってきました。

 

今年はせめて月に2回は行こうと決めてます。

 

 

ところで、先日、

県産材のあふれる街づくり事業」に申請していた現場が

採択されました。

店舗の増改築に福井県産材を使った場合、

補助金が出るんですね。

とりあえず、無事に通ってよかったです^^

あと2件申請しなくっちゃ!

がんばるよー!えいえいおー^0^/

 

 

自然乾燥と人工乾燥の違い

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

日曜日と言っても、たいがい会社に来ることの多い西島です。

 

そんな日曜日の今日、お客さんがいらっしゃいました。

 

“天然乾燥(自然乾燥ともいう)”で
家を建ててくれるところを探しているとのこと。

 

一般の方が“天然乾燥”を、とおっしゃるのは本当にめずらしいのです。

たぶん、言葉すら知らない方も多いと思います。

通常、人工乾燥といって、大きな乾燥機に木材を入れて、

乾かすのが一般的です。

匂いをかぐと、焦げ臭い匂いがするんですよ。

高温で乾燥させると、木の主成分であるセルロースが

ぼろぼろになるので、近年では低温乾燥しています。

それを、時間をかけて自然に水分がぬけるのを待つのが、

自然乾燥です。

 

大工さんが言ってましたが、

人工乾燥の木は、ぱさぱさでカンナがかけれないと。

やはり自然乾燥の木は粘り気があるので、カンナがかけやすいらしいです。

 

そして、一番の違いは強度だと言われています。

自然乾燥の木の木口(断面)を見ると、外側が割れています。

一般の方が見ると、大丈夫なんだろうか?と思われますが、

大学の研究者が調べても、強度に全く問題はありません。

 

一方、人工乾燥の木口は中に亀裂が入っています。

この中心が割れていることが脆い所以なんだそうです。

実際、それぞれの柱の端材を小さな斧で割ってみたら、

人工乾燥のほうは、西島の細腕でも、

いとも簡単に割れちゃったんですよ。

 

ただ、どんなものでも、メリットデメリットがありますから、

専門の業者に納得いくまで説明を受けたほうがいいと思います。