先人たちの知恵

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日、おじいちゃん大工さん(70歳)と話してて、

「何年で大工さんになれたの?」と聞いたんです。

『ほやなぁ、ふつう10年ていうけど、

うら(福井弁で自分のこと)は8年で独立したんや』と。

 

そっかー、8年かー!

今から始めたら60歳で一人前の大工さんになれるかも・・・

と真剣に考えてしまった西島です^^;

 

今の大工は、鴨居と敷居を同じ長さにしてまうとも

おっしゃってました。

鴨居は、屋根の重みや雪の重みで、

年数が経てば、必ず下がってきてしまうものなんですね。

なので、真ん中を2㎜ほど上げるんです。

下がってもちょうどいいように。

それが、今の若い大工さんはわかってないとのこと。

 

うちの社長が、古民家の調査に入った時の話ですが。

 

丸い基礎石の上に柱が立っているが、

石と柱は固定されていない。

いわゆる免震で、地震がきても上物の建物が倒れないように

考えられているそうです。

 

 

また、激しい地震のときには、

屋根瓦が一気に落ちるような造りになっていて、

瓦の重みで建物が崩れないようになってるとのこと。

 

先人たちの知恵に感動すると言ってました。

 

考えてみたら、国の重要文化財と言われる建物は、

全部大工さんが設計して施工管理して建ててますからね。

ひとつもアメリカ人が設計したものもないし、

有名大学の工学部建築科の教授が設計してないですからね。

そもそも、その存在すらなかった時代。

 

材料の木材だって、自分の足で山に入り、

適材適所の木を選び、伐採して、

乾かして、製材して、木づくりしてらしたんですから、

昔の大工さんはほんと凄すぎます!

 

 

 

 

 

 

コロコロからふるいす♪

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は寒かったですねー!
あられが降りましたもんね。

 

うちは薪ストーブも付けましたよ。

 

あなたも体調崩さないように気をつけてくださいね。

 

 

さて、今月の「ちっちゃな工房」では、

ころころからふるイス”を作ります。

あらかじめ、塗装はしてありますので、

お好きな色を選んでくださいね。

 

なくなり次第、終了なんですが、

たぶんなくならないと思います(笑)

材料は、じゅうぶんご用意してありますから。

 

今のところ、日曜日は比較的空いております。

興味があったら、お申し込みくださいね^^

 

 

「ちっちゃな工房」は、

「ちっちゃな展示会」から始まったのですが、

もうあしかけ8年になります。

 

当初は手芸等もやっていたんだけど、

ここ3年ほどは、木工教室に特化しています。

なんてったって、母体が材木屋ですから・・・^^

 

 

こんなフツーのおばさんがやってる木工教室なのに、

オファーがくるんですよ。

 

福井県が主催している『花と緑のツアー』のひとつ、

和風オープンガーデンと竹田の油あげ堪能バスツアー≫のコースで、

“ガーデンBOX作り”をします。

このコースは、一般のお宅のお庭を見学するんですよ。

なかなかおもしろいアイディアだと思いました^^

 

 

西島的には、ぜひこのコースにお申込みいただきたいところですが、

他のコースもどれも楽しそう♪

普通の旅では味わえないような福井を深堀したツアー!って感じです^^

お出かけしてみませんか~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整えれば、幸せになる!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

先週の日曜日、4月1日に白山比咩神社に行ってきました。

知人に「おついたち参り」を誘われたんですね。

 

白山比咩神社は、白山神社の総本家なんですね。

 

 

やはり、あらたかな気持ちになりますね。

 

 

ところで、

PHPスペシャルという小冊子をたまに買うんですが、

昨年末に買った冊子に、白山比咩神社のことが書かれていました。

 

 

いつもなら、読んだら捨ててしまうのに、

なぜかとっといてました(笑)

 

 

おもしろいと思ったので、ご紹介しますね。

 

********************************************

「整えれば幸せになる」

 

平成29年が終わりを迎えます。

 

そして、近いうちに平成の御代が終わると言われています。

古新道では、元号が変わるときに、

交友関係が変わったり、仕事が変わったり、

住む場所が変わったり、恋人が変わったりと、

自分の意図とは関係なく、大きな変化が訪れると考えられています。

 

その采配を振るのが、

石川県にある白山比咩神社の

ご祭神・菊理媛尊(くくりひめのみこと)です。

 

菊理媛尊は、魂が響き合う者同士を自動的に選り分けて、

ひとくくりにまとめる神様です。

誰と親密になって、誰と疎遠になるのかという、

人間関係のグループ分けに大きな影響を及ぼします。

 

ひとたび「くくりの作用」が働くと、

いつも一緒に遊んでいた人と突然連絡が取れなくなったり、

引っ越しや転職で友人と離れ離れになったり、

反対に今までまったく付き合いがなかった人と親密になったりと、

人間関係がガラッと様変わりします。

 

 

すでに菊理媛尊は采配を振り始めているので、

私もずっと支えてくれていた人と急に連絡が取れなくなったり、

反対に知りたいと思っていた情報に詳しい人と急接近したりと、

くくりの作用をひしひしと感じています。

 

神様のなさることですから、誰とくくられても文句は言えません。

しかし、願わくば一緒にいるだけで心地いい人とくくられたいですよね。

 

そのためには、心を整えて身を清めておく必要があります。

 

ただ、心を整えたほうがいいと言われても、

何から手をつければいいのでしょうか。

真っ先に着手するといいのが、物の整理です。

 

物と心はリンクしていますから、

心を整えるには物を整理するのがいちばんの近道です。

 

(省略)

********************************************

 

年末に発行されているので、

あとは、大そうじにからんだ内容でした。

 

ね! おもしろかったでしょ?!

そうでもないですか?^^

 

これを読んだので余計に、白山比咩神社に興味がわき、

おついたち参りに参加しました。

 

実をいうと、その「くくりの作用」とやらと、

少々感じ始めている西島です^^;

 

 

西島は、志が高くて、前向きで、元気で、

何があっても立ち上がる方とくくられたいんですね。^^

 

そのためにも、しっかり物の整理したいと思います。

リフォームのかかりつけ医

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

このところ、肉体労働多めの西島です。
嫌いじゃないんですけどね^^

 

杉丸太が入ってきました。

 

これを83歳の社員がリフトで下していました。

丸太の上と下では大きさが違うため、中心をとるのが結構難しいんですね。

それをいとも簡単にすいすい下していました^^

 

 

 

 

 

 

さて、昨日OBのお客さんがいらっしゃいました。

 

大雪で雨どいが傷んだそうなんですが、

 

突然、隣県の業者さんが来られて、

『火災保険を使えば全部直せるから見積させてほしい』

と言われたそうです。

 

で、出した見積が200万だったそうです(驚)

 

全部の雨どいを取りかえったって200万なんてかかりませんよ。

 

いくら火災保険を使えるからって、

かかってもいない費用を請求するのは、明らかに詐欺じゃないですか。

 

突然、訪問にくる営業がすべて悪い業者とは言えませんが、

用心した方が無難だと思います。

 

そもそも、リフォーム(営繕も含む)は

やって終わりではないですからね。

 

あとでなにかあったとき、すぐ来てもらえるような

距離・体制・人間性でないと難しいと思いますよ。

 

西島木材&にしじまリフォームは、

そんなリフォームのかかりつけ医でありたいと願っています。

 

 

 

 

 

野鴨の哲学

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今朝、散歩中、見かけました。

カモのお散歩。

 

めっちゃかわいいですよね^^

あったかくなってきたので、もうそろそろ、

飛び立つのかもしれないですね。

 

 

ところで、今読み終えたこちらの本↓

これに、「野鴨の哲学」が載っていたので、

カモつながりで引用させてもらいます^^

 

**********************************************

 

デンマーク郊外のジーランドという湖の畔に

一人の善良な老人が住んでいました。

 

老人は毎年飛んでくる野鴨たちにおいしい餌を与えて

餌づけをしました。

 

するとだんだん鴨たちは考え始めるのです。

 

こんなに景色がいい湖で、こんなにおいしい餌がたくさんあるのに、

何も苦労してまで次の湖に飛び立つことはないじゃないか。

 

いっそのこと、この湖に住みついてしまえば毎日が豊かで楽しく、

健康に恵まれてるじゃないか、と。

 

それで鴨たちはジーランドの湖に住みつくようになって、

飛ぶことを忘れてしまうわけです。

 

 

しばらくはそれでもよかったんです。

確かに毎日が楽しくておいしい餌にも恵まれていましたからね。

 

 

 

ところがある日、出来事が起きます。

 

毎日餌を用意してくれていた老人が老衰で死んでしまったのです。

 

明日からは食べるものがない。

 

 

そこで野鴨たちは餌を求めて次の湖に飛び立とうとします。

しかし、数千キロも飛べるはずの羽ばたきの力が

まったくなくなってしまって、飛ぶどころか駆けることもできない。

 

 

やがて近くにあった高い山からの雪解けの激流が

湖に流れ込んできました。

 

醜く太ってしまった野鴨たちはなすすべもなく、

激流に押し流されてしまうのです。

 

これが「野鴨の哲学」と呼ばれるものです。

 

これはトーマス・ワトソンが

IBMをつくるきっかけとなった哲学です。

 

 

安住安楽こそがすべての悪の根源だということですね。

 

「何とかなっているから、いいじゃないか」

「これで十分じゃないか」

と思った時は、すでに悪が芽生えているわけです。

 

*******************************************

 

これを読んでて思ったのですが、

優しい人の優しい言葉って、

時として「非情」なこともあるのかもしれないですね。

 

私自身もここ最近、挑戦することを忘れていたような気がします。

餌づけされた太った野鴨になっていたかも・・・

 

 

トーマス・ワトソンは70数年前、この「野鴨の哲学」で、

衝撃を受けたそうです。

 

当時、ミシンやカメラを車にのせて売り歩く行商をしていましたが、

わずかな社員との合言葉が「野鴨たれ」だったそうです。

 

IBMの社員が3900人になったとき、

彼の息子が『3900羽の野鴨たち』という本を書いています。

 

 

そして、それを読んでいたのが、あのスティーブ・ジョブズです。

 

 

 

 

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial