涙の数だけ大きくなれる!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日はいいお天気でしたね。

 

でも、また台風がきているとのことで、

明日から始める予定だった瓦の葺き替え工事を延期させてもらいました。

あいかわらず、瓦屋さんは大忙しなので、

段取りが狂うのは手痛いですが、お天気ばっかりはしょうがないですね。

 

 

 

先日、友人から、FBのメッセージがありました。

以前、にしじま通信にレジ打ちの女の人の話があったと思うけど、

あの文章を送ってほしいというものでした。

 

娘さんに送りたいから・・・と。

 

「にしじま通信」には、“深イ~話”をいつも紹介しています。

数年前に紹介した話を覚えていてくれたんですね。

 

で、すぐに送らせてもらいました。

 

彼女からの返事が、

『改めて読み返したら、おもわず涙がでました』

 

 

多少なりとも、人のお役に立てたのかなぁと嬉しかったです。

 

なので、このブログでもご紹介したいと思います。

 

興味がなかったら、ここでスルーしちゃってくださいね^^

 

**********************************************

 

―「木下晴弘著 : 涙の数だけ大きくなれる!」より―

その女性は何をしても続かない人でした。

田舎から東京の大学に来て部活やサークルに入るのは良いのですが、

すぐイヤになって次々と所属を変えていくような人だったのです。

そんな彼女にもやがて就職の時期がきました。

最初、彼女はメーカー系の企業に就職します。ところが、仕事が続きません。

勤め始めて3ヶ月もしないうちに上司と衝突し、あっという間に

やめてしまいました。

次に選んだ就職先の、物流の会社も医療事務の仕事も半年ほどで

やめてしまいました。

いつしか彼女の履歴書には入社と退社の経歴がズラッと並ぶように

なっていました。

すると、そういう内容の履歴書では正社員に雇ってくれる会社が

なくなってきます。

だからといって、生活のために、働かないわけにはいきません。

結局、彼女は派遣会社に登録しました。

ところが、すぐに派遣先の社員とトラブルを起こし、イヤなことがあれば、その

仕事をやめてしまうのです。彼女の履歴書には、やめた派遣先のリストが長々と

追加されていきました。

ある日のこと、新しい仕事先の紹介が届きました。

スーパーでレジを打つ仕事でした。

当時のレジスターは、今のように読み取りセンサーに商品をかざせば、

値段が入力できるレジスターではありません。

値段をいちいちキーボードに打ち込まなくてはならず、多少はタイピングの

訓練を必要とする仕事でした。

ところが、1週間もするうち、彼女はレジ打ちにあきてきました。

とはいえ、今までにさんざん転職を繰り返し、我慢の続かない自分が彼女自身も

嫌いになっていました。もっとがんばらなければ、もっと耐えなければダメとい

うことは、本人にもわかっていたのです。

しかし、どうがんばっても、なぜか続かないのです。

この時、彼女はとりあえず辞表だけ作ってみたものの、

決心をつけかねていました。

すると、そこへお母さんから電話がかかってきました。

「帰っておいでよ」受話器の向こうから、お母さんのやさしい声が聞こえてきました。

これで、迷いが吹っ切れました。彼女はアパートを引き払ったら、その足で辞表

を出し、田舎に戻るつもりで部屋を片付け始めたのです。

あれこれ段ボールに詰めていると、机の引き出しの奥から1冊の日記が出てきました。

パラパラとめくっているうち、彼女は「私はピアニストになりたい」と書かれて

いるページを発見したのです。

「そうだ、あの頃、私はピアニストになりたくて練習をがんばっていたんだ・・・

あんなに希望に燃えていた自分が今はどうだろうか。

履歴書にはやめてきた会社がいくつも並ぶだけ。

自分が悪いのはわかっているけど、なんて情けないんだろう。

そして私はまた今の仕事から逃げようとしている・・・」

そして彼女は日記を閉じ、泣きながらお母さんにこう電話したのです。

「お母さん、私、もう少しここでがんばる」彼女は、用意していた辞表を破り、

翌日もあの単調なレジ打ちの仕事をするために、スーパーへ出勤してきました。

ところが、「2、3日でいいから」とがんばっていた彼女にふとある考えが浮か

びます。

「そうだ、私は私流にレジ打ちを極めてみよう」と。

レジは商品ごとに打つボタンがたくさんあります。

彼女はまずそれらの配置をすべて頭に叩き込むことにしました。

そして、数日のうちに、ものすごいスピードでレジが打てるようになったのです。

すると、不思議なことに、これまでレジのボタンだけ見ていた彼女が今まで

見もしなかったところへ、目がいくようになったのです。

最初に目に映ったのはお客さんの様子でした。

「ああ、あのお客さん昨日も来ていたな。」

「ちょうど、この時間になったら、子どもを連れてくるんだ。」

いろいろなお客さんを見ているうちに、行動パターンやクセまで気づいていくのです。

「この人は安売りのものを中心に買う」とか

「この人はいつも店が閉まる間際に来る」とか。

そんなある日、いつも期限切れ間近の安いものばかり買うおばあちゃんが、

5000円もするお頭付きの立派なタイをカゴに入れて、レジへ持ってきたのです。

彼女はビックリして、思わずおばあちゃんに話しかけました。

「今日は何かいいことがあったんですか?」

「孫がね、水泳の賞を取ったんだよ。今日はそのお祝いなんだよ。」と

にっこりと話すのです。

「いいですね。おめでとうございます。」

嬉しくなった彼女の口から、自然に祝福の言葉が飛び出しました。

いつしか彼女はレジに来るお客さんの顔をすっかり覚えてしまい、名前まで一致

するようになりました。

「○○さん、今日はこのチョコレートですか?でも、今日はあちらにもっと安い

チョコレートが出てますよ。」

「今日はマグロよりカツオのほうがいいわよ。」などと言ってあげるようになっ

たのです。

レジに並んでいたお客さんも応えます。

「いいこと、言ってくれたわ。今から換えてくるわ。」そう言ってコミュニケーションを取り始めたのです。

そんなある日のことでした。

「今日はすごく忙しい」と思いながら、彼女はいつものようにお客さんとの会話を楽しみつつ、レジを打っていました。すると、店内放送が響きました。

「本日は混み合いまして、大変申し訳ございません。どうぞ、空いているレジにお回りください。」

ところが、わずかな間をおいて、また放送が入ります。

そして3回目、また同じ放送が聞こえてきたときに、初めて彼女はおかしいと

気づき、周りを見渡して驚きました。

どうしたことか、5つのレジが全部空いているのに、

お客さんは自分のレジにしか並んでいなかったのです。

店長があわてて、駆け寄ってきます。

そして、お客さんに「どうぞ空いているあちらのレジへお回りください。」と

言ったその時です。

お客さんが、「放っておいてちょうだい。私はここへ買い物にきてるんじゃな

い。あの人としゃべりに来てるんだ。だから、このレジじゃないとイヤなん

だ。」と。

その瞬間、レジ打ちの彼女はワッ泣き崩れました。

「そうそう、私たちはこの人と話をするのが楽しみで来てるんだ。

今日の特売は、他のスーパーでもやってるよ。だけど私は、このおねえさんと

話をするためにここへ来ているんだ。だから、このレジに並ばせておくれよ。」

彼女はポロポロと泣き崩れたまま、レジを打つことができませんでした。

仕事というのは、これほど素晴らしいものなのだと、初めて気づきました。

すでに彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。

 

**************************************************

 

 

 

ちっちゃな手づくり工房

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

三連休はいかがお過ごしでしたか?

なんだか、あっという間だったな。

 

 

西島木材は、月に一度の「ちっちゃな手づくり工房」があったんですよ。

今回は、ゴミ箱を作ってもらいました。

 

これが、思ったより時間がかかってしまい、

参加者のみなさん疲労困憊のご様子でした(汗)

 

そこは申し訳なかったなぁと反省しつつ、

次回に向けて進化してまいりたいと思います。

 

 

9月22日

 

 

9月23日

 

 

苦労しただけあって、

とっても素敵に仕上がりましたね。

 

このあと、女子社員二人と遅めのランチ兼反省会。

 

修行ではないので(笑)、参加者のみなさんに

もっと楽しんで作ってもらえるよう、

努力しつづけたいと思います。

 

木工に興味がございましたら、

ぜひ参加してくださいね。

 

 

 

ところで、

西島の愛読書「致知」に

建築家の安藤忠雄氏が載ってたんですが、

その中で響いた言葉があるんですね。

 

『夢と希望を持ち、あきらめずに挑戦し続けることが

生きていく上で、とても大切だと思います。

夢も希望もあきらめない心も

すべてお金では買えませんから』

 

かっこいいなぁ。

 

あなたも、ちっちゃなことでいいから挑戦しませんか?!

大阪エクスマセミナーに参加して

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

フェーン現象のせいでしょうか?!

今日も蒸し暑かったですねー。

 

でもね、杉の木を貼ってある部屋の湿度は、

常に50%(快適湿度)で安定しています。

杉の調湿効果はすごいわ!

 

 

さてさて、一昨日大阪に行って参りました。

 

2年前、「エクスマ塾」という勉強会で、

販促やSNS、マーケティングの勉強をしてたんですね。

 

そのときの同期の2名が、初めてセミナーに登壇するので、

応援に行ってまいりました。

 

小松市の土建業「江口組」4代目社長  えぐっちゃんこと江口充。

 

小松市のベンチャー企業「株式会社 世界へ」の代表取締役

ワッツこと中村あつひろ。

 

遠足のノリで参加したんだけど、

二人の成長ぶりにめっちゃ感動してしまいました。

 

二人とも、こんなにがんばってたんや?!

 

 

特に、えぐっちゃんが会社に行きたくなくて、さぼっていた頃の話。

 

社長の息子なのに・・・・・

 

現場に行きたくない。

社員と顔を合わせたくない。

当時、社長だったお父さんともしゃべりたくない。

 

 

なんかね、昔の私と重なり、泣けてきたんです。

 

ずる休みなんかできなかったし、

まして会社を辞めることなんてできない。

 

当時、自宅の裏が事務所でしたが、

足が重かったですねー。

もうイヤでイヤで。

行きたくなくて、行きたくなくて。

 

 

 

自分の未熟さが原因だったんだけど、

すべて周りが悪いと思ってましたからね^^;

 

ま、そういう経験があるからこそ、今があるんですよね。

経験に感謝ですね(笑)

 

 

 

それとね、二人とも、チャンレンジと革新(いっしょかなぁ)を

くり返しています。

もちろん、うまくいくことばかりではないけど、

常に挑戦しています。

 

 

それに引き換え、西島は50代になって、

挑戦することに抵抗を感じるようになってるんですね。

 

こんなんじゃダメだなぁと猛省です。

 

 

 

先日、何気なく手帳をめくったら、

こんな言葉が記されていました。

 

ピータードラッガー

「二十一世紀に重要視される唯一のスキルは、

新しいものを学ぶスキルである。

それ以外は、すべて時間とともに廃れていく」

 

 

講師の藤村先生がおっしゃった言葉にも通じるものがありました。

今回西島が最もビビッときたんですが、

 

 

「未来を見据えない」

 

これから、5年先、10年先なんて誰もわからない。

 

だからこそ、今とりあえずやってみることが大事であると。

 

妙に勇気が出る言葉でした^^

 

だって、ふつうのコンサルタントなら、

未来をしっかり見据えなさいとしか

言わないもんね(笑)

 

遠足気分で参加した大阪エクスマセミナーでしたが、

 

とても、実りの多い勉強会でした。

 

 

早起きは3億の徳 超早起きは30億の徳

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

しっかし今日は暑かったですねー!
34℃とか35℃とか・・・

6月だというのに恐ろしい数字ですね。

くれぐれも体調にお気をつけ下さいね。

 

 

 

先日、

大好きな聖子ちゃんのコンサートに行ってきました。

 

 

かわいかったですよー♪

 

もちろん、かわいいだけでなくて、

声もあいかわらず透き通ってて、

しかも歌いながらのダンス。

しゃべりも上手で、ほんと最高でした。

 

 

今年デビュー39周年になるらしいんですね。

聖子ちゃん自身、『こんなに続けられるとは思ってなかった』

と言ってましたが、

ほんとすごいことですよね。

次々と下から若い子が押し上げてくる世界にいて、

ずっと現役で居続けてるんですから・・・。

 

きっと、陰ではコツコツ努力を惜しまないのだと想像できます。

 

でね、聖子ちゃんのがんばってる姿を見てたら、

私もがんばらなくっちゃと思えたの。

 

 

 

ところで、何をがんばったらいいんだろ?!

 

あんまり無理な目標たてても、絵に描いた餅じゃだめだしなぁ。

 

・・・・・と、そんなとき思い出したのが、

カレーハウスCoCo壱番屋 創業者の宗次徳二氏の著書に、

何回も出てきた言葉。

 

「早起き」

 

それも「超早起き」

 

宗次さんいわく、4時起きくらいのことらしいです。

 

「早起きは3億円の徳、超早起きは30億円の徳」

「人生、経営の成功は早起きに始まる」

「元手の要らない早起き一つで仕事も人生もうまくいく」

「確かな目標が常にあり、人生の成功を強く願うのであれば、

まず早起きをすることです」

 

と、いーっぱいメリットが書かれていました。

 

結果を出している宗次氏だけに、説得力がありますよね。(笑)

 

昔から「早起きは三文の徳」と言いますが、

“三文”とはわずかなお金のたとえだけど、

宗次氏は“30億の徳”と言ってますからね。(笑)

やってみる価値あるでしょ?!

 

西島も超早起きを続けてみようかと思います。

 

あなたもいっしょにいかがですか?

木の五衰

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

先週末、弾丸帰省をした三男から、ラインが届いてました。

 

「新幹線に3,4時間閉じ込められた

おにぎりあって助かった。ありがとね」

 

月曜日の始発で東京に戻ったので、

地震の影響はなかったのかと思ってたら、そうでもなかったのね。

 

息子たちが帰るときは、いつも玄米おにぎりを持たせるんです。

『いらない』と言われるんですが、

こういうときは助かるんですよ^^

 

 

ところで、

 

今月号の「致知」に“木の五衰”について書かれていました。

 

材木屋だけに、木という単語に反応しちゃうんですよね(笑)

 

 

かいつまんでご紹介します。

 

********************************************

 

木が弱り衰えていくのに五つの段階がある。

その第一は「懐の蒸れ(ふところのむれ)」。

枝葉が茂り過ぎると日当たりも風通しも悪くなり、

木の根幹が弱ってくる。

 

この状態が続くと、根が上がってくる。

これを「裾上がり(すそあがり)」という。

 

そうなると、木は頭から枯れてくる。

「末枯れ(うらかれ)」である。

末は梢のことである。

 

梢が枯れてくると「末止まり」となる。

成長が止まるのである。

 

この頃になると、いろいろな害虫がつき始める。

「虫喰い」である。

 

この木の五衰を避けるためには、枝葉が茂ってきた段階で

刈り取ること、すなわち省くことだと安岡正篤師は説いている。

 

人間も同じだという。

貪欲、多欲になって修養しない、

つまり省かなくなると、風通しが悪くなり、

真理や教えが耳に入らなくなり、善語善言を学ぼうとしなくなる。

進歩が止まり、揚げ句はつまらない人や事に関わり、

取り憑かれて没落する。

これが「人間の五衰」である。

 

では、人間の花はどういう人に咲くのだろうか。

 

自分が天から授かったもの、持って生まれた能力を

すべて発揮していくことで天命に至る、というのである。

 

天命に至る道は、そのまま人間の花を咲かせる道である。

 

********************************************

 

木の五衰からの人間の五衰について書かれていました。

 

 

よく主人が言ってますが、

 

『いい森とは、光がほどよく差し込む森。

光がすごく大事なんだ』と。

 

安岡師がおっしゃるように、

間伐(間引きのこと)や枝打ち、下草刈りなどの“省”という

手入れがされていないと、いい森にはならないんですよね。

 

“断捨離”もこれに通じるのかもしれないですね。