「ちっちゃな手づくり工房」からの「ハーバリュム」

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日今日と「ちっちゃな手づくり工房」の日でした。

月に一度の木工教室です。

今回は、“ラダーシェルフ”を作ってもらいましたよー。

 

台風が接近してるので、心配してたけど、
なんとかもってくれました。(ホッ)

 

 

 

そのあと、

フラワーアレンジメントでお世話になっている先生が
「ハーバリュム」のワークショップをするというので、
参加してきました。

 

 

若干の疲労感からか、雑になってしまった^^;

 

実は、フラワーアレンジメントの先生に、
来月の西島木材「感謝祭」でワークショップを
していただきます。

 

楽しみにしていてくださいね!

 

10月21日(土)・22日(日)です。
詳しくは、また来月に入ってからご案内します。

 

 

 

 

話は変わりますが、今月号の“致知”に老子の言葉が紹介されてました。

 

「天下の難事は必ず易きよりおこる。

 

天下の大事は必ず細きよりおこる」

 

最初から大事、難事なんてないんだよと。

小さい時に放っておくから育ってしまって難事になる。

 

小さくて対処しやすいうちに全部切ってしまうくらいの

用心深い生き方が重要なんだと説いています。

 

 

天下という言葉を
企業や家庭、夫婦に置き換えても同じことが言えると思います。

 

 

なので、西島は環境整備(掃除)に対して、
つい口うるさくなるのです。

 

誰でもできる掃除がおろそかになったら、
会社はダメになると思ってます。

どっかで聞いたセリフだなぁと思ったら、
伊那食品工業の塚越会長のお言葉でした(笑)

 

 

夫婦間でも、小さなことが積み重なって
収拾がつかなくなるんですよね。

 

やっぱり、小さなこと、我慢できることも
めんどくさがらず、相手に伝えなくちゃね。

こんなこと、言わんでもわかるやろ?

なーんて甘いですよ(笑)

 

ま、えらそうなこと言ってますが、
西島もまだまだまだまだできておりません^^;

 

 

 

青春

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日、新築させていただいた区民館の

お掃除をしてきました。

 

和室の天井を見て、思わず、

「あれっ、アジロが張ってある!」と思ったら、

なんとクロスでした。

最近のクロスのプリント技術は秀逸ですよね。

下から見たら、アジロにしか見えなかった^^;

 

 

 

さて、先日、ユーミンのコンサートに行ってきました。

 

(ポスターより)

 

 

(開場前のフェニックスプラザ)

 

コンサートなんて、ほんと久しぶりだったので、
すごく楽しかったです。

 

それに、ユーミンがパワフルで、めっちゃカッコいいんですよ。

 

 

いったい、いくつなんだろう?と思い、ググったら、

 

なんと63歳でした。

ちょうど、西島より一回り年上です。

 

 

ウワー! あんな63歳がいるんだ!と感激でした。

 

なんかね、希望がわきますよね。

 

芸能人だから、人に見られてる職業だから・・・
というのもあると思いますが、

 

でもやっぱり、精神力が若いのだと思います。

 

 

そして、あのサミュエル・ウルマンの「青春」という詩を
思い出しました。

(そのまま引用したので、興味なかったらスルーしてくださいね)

 

 

******************************************

 

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

 

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、

 

安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。

 

年を重ねただけで人は老いない。

 

理想を失う時に初めて老いがくる。

 

歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。

 

苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ

 

恰も長年月の如く人を老いさせ、

 

精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

 

 

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

 

曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、

 

その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、

 

事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、

 

人生への歓喜と興味

 

 

 

人は信念と共に若く

 

人は自信と共に若く

 

希望ある限り若く 

疑惑と共に老ゆる

 

恐怖と共に老ゆる

 

失望と共に老い朽ちる

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と

 

霊感を受ける限り人の若さは失われない。

 

これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、

 

皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ

 

人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

 

 

***************************************************

 

たまにね、同世代でも

「もう年だから」とか「もう50すぎたから」とか
耳にするんですけどね。

ああいう言葉を使うと、より一層老けると思うんですよ。

 

なので、西島はぜったい使いません。(笑)

 

100歳まで現役でいるつもりなので、

51なんて、まだまだケツが青いと思っております。^^

 

脳ドック

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日、人生初めての「脳ドック」に行ってきました。

 

同級生でも亡くなってたり、
脳梗塞で手術したり、
入院してたり・・・・

だんだんそういう年頃になってきたんですね。

 

物忘れもひどいし、ちゃんと診てもらおうと思って・・・・・

 

おかげさまで、きれいな脳でした^^

(頭が悪いのは置いといて・・・^^;)

 

これでまた、おもいっきり働けます!

 

 

さて、明日は東京へ行ってまいります。

若干ワクワクしております^^

大好きな雑貨を仕入れてきますね。

 

 

 

 

私の強み

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨晩は、大好きなフラワーアレンジメントのレッスンでした。

が、西島の苦手な花束でした。

 

見る人が見たらよくわかる。

へたくそなんです^^;

 

ま、伸びしろがある作品ということで・・・(笑)

 

 

 

さて、先月だったかな。

知人に社員教育を依頼しました。

その前にいろいろ話をするうちに、

まずは社長の理念がないと進まないと言われました。

(恥ずかしながら、理念がないらしいんですよ)

 

まず、そっちから始めましょうということで、

本日、その第一回目をしました。

 

 

西島木材がどういう方向に向かっていくか?

どうなりたいのか?

 

 

社長と妻の私が同じでないといけないんですが、

正直バラバラな状態なんですね。

 

社長は、私が反対する方向になぜ行こうとしているのか、

講師も含めて話してて、

「ああ、こんなことを考えてたのか」

と目からうろこでした。

第三者を交えて、話し合えたことは、

ほんとよかったと思います。

 

 

これから、社長も私も自分の生い立ちから遡って、

自分の強みや本当にやりたいこと、

最終的には、自分のミッションを追求していきます。

 

自分のことって、一番自分が知ってるはずなのに、
わからないんですよね^^

 

 

ところで、今日コンプレックスや強みの話のなかで、

義母から唯一褒められたことを思い出しました。

 

 

それは、「取立」です(笑)

 

昔は、BtoB(卸し)しかしていませんでした。

その当時、支払いがたまっている大工さんが多かったんです。

なんせ、大昔の慣習として、盆正月に支払うというのが
残ってたらしいです。

 

 

それを、一軒一軒、回収してまわりました。

お上品に言って、伝わる相手じゃなかったんですね。

 

それこそ、『極道の妻たち』の岩下志摩になりきってました。

そこらへんのチンプラより言葉汚なに、罵ってましたもんね。

 

 

若気の至りといえば、それまでかもしれませんが、

なにはともあれ、毎晩出かけて回収しまくりました。

 

『ゆきえさん、うまいわー!

どうやってとってきたのぉ?!』

 

これが、義母に褒められた最初で最後のできごとです。

 

こんなエピソードを思い出し、講師に話したら、

『いいですねー!

その奥さんの強み、ぜひ使ったほうがいいですよ』と。

 

 

そんなもん、どこに使えるというのー?!

 

 

『いや、形を変えたら、なんかできますよ』と講師。

 

 

 

今後の展開がおもしろくなりそうな西島木材です。(笑)

こうご期待!!!

 

あ、16年前からBtoCに参入してからは、

「取立」はいっさいなくなりました。

 

いいお客さんに恵まれてよかったです♪

 

 

 

「ちっちゃな手づくり工房」

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

先週末は、「ちっちゃな手づくり工房」の日でした。

杉の板&アイアンで、
オリジナル時計を作っていただきました。

 

まずは思い思いの好きな色をセレクト。
そして、塗装から・・・

 

 

乾いたら、組み立てていきます。

 

この時計、意外と大っきいんですよ。

存在感のある時計に仕上がりました~!

 

『早速、玄関に飾りました~』とメールをいただきました。

こうやって、作品を写メしてくださると、
なんともありがたいですね。

 

 

ちなみに来月の「ちっちゃな手づくり工房」は
9月16・17日です。

 

“ラダーシェルフ”を作ります。↓

2回目ですね。2年前やって人気があったのでリトライ♪

 

 

 

 

ところで、昨晩、某メルマガを読んでて、

ビビッときた文章があったのでご紹介します。

(今までのは前置きかよー ^^;)

 

今までにも幾度となく、

本でも読んだし、

講演会やセミナーでも言われ続けてきた言葉なんですが・・・。

 

 

***********************************

 

石坂典子社長(石坂産業)は自身に成功の秘訣をこう言われます。

 

「私は、自分たちの会社にすでにあるものを、

 

活かして、活かして、活かしきったにすぎません」

 

***********************************

(メルマガの)締めの言葉が、

「活かす」という考え方は、私たちにも応用できると思います。

長くほったらかしでホコリをかぶっているものを活かす。

活かせるものは、自分の家や職場や地域にあるかもしれません。

いや自分自身の中にあるかもしれません。

磨けば輝くものは、近くにあるように思います。

磨けば輝くひとは、近くにいるように思います。

 

・・・・・とありました。

 

 

 

今年の2月、初めて石坂社長とお会いしたのですが、

「なんて素敵な女性だろう」が第一印象でした。

女が惚れるオンナっていうのかな。

講演もほんとすばらしかったのを覚えています。

でも「活かす」を覚えていなかったなぁ。

 

 

あ、石坂社長のこと、詳しく知りたい方はこちら↓

「絶対絶命でも世界一愛される会社に変える!ー2代目女性社長の号泣戦記」