そうじの力

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は「環境整備」の指導日でした。

 

「環境整備」は、“そうじの力”で会社の質をよくしようという
目的でやってます。

 

会社の質が上がれば、社員も協力業者も仕入れ先も
当然、お客様も幸せにできると信じております。

 

会社を大きくしたいのではなくて、
質を良くしたいのです!!!

 

 

ちなみに、ご指導いただいているコンサルタントの会社名が、
「そうじの力」です^^

 

そのまんまでしょ?

 

背中に「そうじの力」とロゴが入ってるユニフォームを
着てらっしゃるのが、小早先生です。

PCや電話の線が床についていないか、チェックされてます。

 

一夜漬けですが、昨日みんなできれいにしたつもりだけど、
たくさんのご指摘が・・・

 

 

以前は、ご指導が月1とか月2のペースでしたが、
今は年に2回くらいなんですね。

 

なので、リバウンドしないか、マンネリ化しないか、
心配なところです。

 

 

まだまだやるべきことはありますが、

 

それでも、先生のコメントに、

『劇的な進化はしていませんが、
少しずつ進化が見られます』とも・・・。

 

それでいいと思ってます。

 

西島木材㈱は、そもそもカメだと思ってますから。(笑)

これだけ世の中がスピードの時代だというのに、
のろいんですよね。

 

ただ、目的さえ見誤らなければ、たとえカメの歩みでも、
いつかは必ず到着すると・・・・・。

 

 

今月号の「致知」に鈴木大拙氏のことが載ってました。

 

 

『90を過ぎた大拙は松ヶ岡文庫に住んでいた。

そこに行くには130の石段を上る。

90を越えて大変でしょう、

という人に、大拙は

 

「一歩一歩上がれば何でもないぞ」

 

と答えた、という。

 


一歩一歩努力すれば

いつの間にか上がるものだぞ、と。

大拙の人生を象徴するような言葉である。』

西島木材㈱も一歩一歩上がっていきたいと思っております。

もちろん、私個人も・・・^^

 

 

 

 

そうじの目的を教えてほしいと言われて・・・

こんにちは^^

福井県あわら市で材木屋をしております、
三代目女房の西島由紀恵です。

 

今、外はすごい荒れ模様です。
あられが窓ガラスにパチパチとぶつかっています。

しょうがないですね。冬だから・・・^^

 

さて、昨日の日曜日、ようやく読み終えました。↓

西島木材は4年ほど前(5年前かもしれない)から、
「環境整備」に取り組んでいるんですね。

「環境整備」とは5Sのこと。
もっとざっくり言うと、そうじをしてきれいにすること。

人間は目にしたものに(視界に入ったもの)に
心が同化すると言われています。

汚い職場だと、そこで働く社員の心も荒む
らしいです。
社員の心が荒めば、いい仕事なんてできやしない。
そもそも仕事がこなくなる。

 

・・・・・というわけで、取り組み始めました。

 

もっとさかのぼると、

西島が最も尊敬する経営者 鍵山秀三郎氏のCDを
聞きまくってた時期があるんですね。

12,3年前かなぁ?!

常に不安と闘ってたような気がします。

それで、鍵山先生のCDを聞いて、心を落ち着かせていたの。
もう何百回と聞きましたよ。

今、世の中は“おそうじブーム”ですが、
その火付け役となったのが鍵山先生です。

鍵山先生の当時(昭和30年代)の社員は、
ほんとに心がすさみきってたんですよ。
常識もないし・・・
その社員たちをなんとかしようと、
会社をなんとかしようと、
業界(車用品)をなんとかしようと、
掃除に励まれたんですね。
いつ聞いても涙がこぼれます。
すごく前置きが長くなりましたね。

 

そんなこんなで、西島木材も掃除に取り組みたいと切望してたんです。
でも、なかなか思うようにはいきませんでした。

 

そんなとき、「環境整備」の先生に出逢うんですが・・・。

 

最初の頃と違って、マンネリ化というか、
「もう十分きれいじゃないか」と言ってる社員もいるんですね。

私に言わせれば、まだまだなんだけど^^;

 

この前のミーティングでも、「目的を知りたい」と言われたんです。

 

西島は胸張って言いましたよ。
「社員の心と体の健康を守るため、幸せになるため」だと。

 

でも、それでは抽象的だと言われ、
なにかヒントがないかなぁとこの本を購入しました。

この本は文章が平易な割に、
随所に納得できる言葉があります。

この文章使えるなと思ったのが、(付箋貼ってあるとこ)
ちょっと抜粋しますね。

*****************************************

「仕事とは気づき」であること。

そうじには気づきの素がある。
そしてそれは、やった者だけがわかる。
何かが見えてくる。

とにかく、騙されたと思って、そうじをしてみなさい。

そうじとは、「気づき」を教えてくれる最も安上がりで、
最も簡単なトレーニングなんだ。

****************************************

あの巨大な企業、楽天でさえ、
そうじの業者さんを雇っていないそうです。

三木谷氏の著書『成功のコンセプト』より

「誰でも自分の家にゴミが落ちていたら、
なんの不満もなく拾うはずだ。

仕事場に落ちているゴミを自分で拾う意識は、
仕事場を自分の家と思う意識につながる。

社員の一人一人が会社を自分の家と思うことは、
同僚を自分の家族と思うことにつながる。

そういう意識と文化を楽天の中に育てたいと考えている。」

 

 

 

 

 

 

 

今年初の一斉清掃

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

昨日今日は、お年賀のあいさつに来ていただくことが多かったです。

 

今日は、クリナップさんが景気づけに「鯉の滝上り」をやってくれました。

 

 

西島木材もこれにあやかって、

滝に上っていくが如く邁進してまいりたいと思います。

 

 

さて、今年1っ発目の「一斉清掃」をしました。

 

大掃除したばっかりでしょ?

って言われそうですが、全部はなかなかできないんですね。^^;

 

で、非常に気になってたサイロ下を今日はやりました。

 

とにかく、ほこりがひどいんです。

おが屑や木くずとはまた違う、ホコリなんですね。

 

やりたくないけど、社員たちだっておんなじですよね。

いや、わたし以上にやりたくないと思う。

 

だからなおのこと、先頭きってやらないとね。

 

 

福井県で最も有名なお菓子屋さんの奥さんが

言ってたことです。

 

某イベントで売り子をされたそうです。

 

西島の知人が

 

「奥様なのに、こんなことまでするんか?」

 

と聞いたら、

 

『私が先頭きってやらんかったら、誰がするの!』

 

と答えたそうです。

 

 

この、「私が先頭きってやらんかったら、誰がするの」

って言葉がね、ことあるごとに、

西島の頭の中で反芻されるんです。

 

ほんとそう思いますもん。

 

いやな仕事ほど、汚い仕事ほど、

この精神を忘れないようにしています。

 

 

でもね、一斉清掃は終わるとスッキリしますからね。

 

体中、ホコリだらけですが、

気分はスッキリです。^^

 

 

 

 

 

環境整備の指導日

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は「環境整備」の指導日でした。

 

(すみません・・・社長の坊主頭が・・・(〃∇〃))

 

久しぶりということもあって、

指摘されたとこ満載でした。(ノ_-。)

 

仕方ないんですけどね。

 

 

あ、乱れてるって思っても、

毎日、見てると、風景化しちゃうんですよ。

 

 

そう思うと、やっぱり第三者の目って大事ですね。

お金がかかっても、指導していただくメリットは大きいと思います。

 

 

「環境整備」がたるむとね、

事故やケガが増えるんですよ。

 

もうテキメンですよ。

 

 

社員の安全と健康を守るためにも、

「環境整備」は死ぬまでやめるつもりはありません。(キッパリ)

 

 

先生もおっしゃってたんですが、

『心の乱れって直そうとおもっても、

なかなか難しいですよね。

 

直ってるんだか、どうだかわかんないでしょ?

 

だから、見えるところの乱れを直していけばいい』と。

 

 

あ、それからね、

西島が大好きな経営者の一人、中井社長(お好み焼き千房)が

CDでおっしゃってたことです。

千房のいろんな店舗で、

レジ周りの乱雑な店は、共通して金銭感覚がルーズであると。

 

レジに名刺やメモ等をペタペタ貼ってあったりするそうです。

 

でも、お金にルーズなのを直そうとしても難しいでしょ?

 

そういうときは、レジ周りをきれいにすると、

金銭感覚もちゃんとしてくるそうです。

 

ちなみに、西島は、PCに付箋がいっぱい貼ってあります(//・_・//)

 

直さなくちゃ!

環境

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日、あわら警察署の前の道路を通ったら、

白い曼珠沙華が咲いていました。

はじめて見ました!

 

赤い色しか見たことなかったので、

おもわず警察署の真ん前に車を停めて、写真を撮りました^^

 

 

 

さてさて、

 

常日頃から「報連相」をするように言ってますが、

 

なかなか徹底されないんですよね。

 

(お恥ずかしい話なんですが・・・・・)

 

今朝もそんなことがあり、社長に言ったんですね。

 

「ちゃんと報告しない社員も悪いけど、

そういう環境を作っているのは社長やでの。

社長が変わらな、あかんよ!」って。

 

原因自分主義でないと、いつまでたっても問題は解決しないですもんね。

 

そしたらね、うちの社長いわく、

 

『そやなー、わしらが悪いんやな』って。

 

えーーーっ!!!

わしらって、私も入ってるのー?!

 

と、言わなかったけど、心の中で叫んでしまいました。^^;

 

 

 

話はまったく変わりますが、

毎週帝国データバンクから情報誌が送られてくるんですね。

 

 

今回の中で、おもしろい記事があったのでご紹介します。

 

「ニッチビジネスの裏側に密着」というタイトル。

西島はこの「ニッチビジネス」という単語に反応するクセがあります。(笑)

 

 

「たかくら引越しセンター」ってご存知ですか?

 

お笑い芸人でありながら、引越し屋さんなんですよ。

 

世間からの注目をあびる芸能人は、「大手引越し業者に頼むと、

一般人の作業員が来るので、情報を漏らされるのが怖い」という

悩みを持っています。

 

その悩みを解消する芸人がいるということで、口コミで広がったそうだ。

 

あ、もちろん、秘密主義や知名度だけではないんですよ。

いろいろ努力されてます。

 

ところで、西島がビビッときたのは、そういう経営手腕のことじゃなくって、

余談ですが・・・と書かれていたとこ。

 

「成功者である有名芸能人や社長の部屋の共通点を聞くと、

 

『意外と物が少ない。

 

そして、ハウスキーパーを雇っているからかも知れないが、

隅々まで掃除が行き届いている。

 

逆に、苦しい時期の人が住む部屋は、

趣味のコレクションもホコリをかぶっていたりして、

住む部屋は人生の充実度を現す鏡のようだ』

 

とのことだった。」

 

よく言われていることだけど、

 

改めて、環境整備(掃除)って大事なんだなぁと思います。