木にも利他の精神が宿っている!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

先週末は、「ちっちゃな手づくり工房」の日でした。

ごみ箱作りをしました。

 

完成はこちら。

 

 

 

工具を使うのは初めてという方も

参加してくださいました。

 

それでも、ちゃんと完成して、すごいと思います。

 

回を重ねても、いろんなことが起こる木工教室(^^;)

 

私自身、もっとスキルアップしなきゃ!

と改めて思います。

どんなことにも、ちゃちゃっと対処できるようになりたいです。

 

 

 

さて、西島が愛読している“みやざき中央新聞”に

おもしろい記事がありましたので、ご紹介します。

 

*********************************

長野県の南木曽木材産業株式会社の

柴原社長の記事です。

 

なんと、伊勢神宮に木を納材している材木屋さんです。

また、伊勢神宮の御神木も斧で伐っている、

誉れ高い木こりでもいらっしゃいます。

 

 

森についてのおもしろい話が二つあります。

一つは「新月伐採」です。

新月の日に伐採した木は、割れない、燃えない、腐らないのです。

なぜかというと、木は根っこから養分を取ります。

満月の時は一生懸命下から養分を吸い上げますが、

新月の時は「気を抜く」といって、

養分を吸い上げないのです。

 

土の中に含まれているブドウ糖等を吸い上げないので、

木にあまり養分がありません。

そのため、割れにくくなって、反りにくくなって、

燃えにくくなります。

 

もう一つ、「アレロパシー」というのがあります。

森にクマが来ると、木がアレロパシーという物質を発して

周りの木にそのことを伝えます。

テレパシーではなくて、地中の根っこからアレロパシーを

伝えていくのです。

そうすることで、いくつかの木がクマを引き寄せる成分を

出して、他の木がかきむしられるのを防ぎます。

 

キャベツでいうと、キャベツに虫がつく。

するとそのキャベツが犠牲になろうとして

虫が好む糖分を出すそうです。

全滅にならないように自分が犠牲になって食べられます。

 

この話を聞いた時、

「そんなことがあるのか」と驚きました。

でも、木ってそうなのですよ。

ひとつの木が犠牲になって他の木を守ろうとすることがあるんです。

********************************

 

新月伐採の話は、よく知っていたけれど、

アレロパシーは初めて聞く話でした。

木に「利他の精神」が宿っているなんて、

超感動しちゃいました。

 

 

 

 

高野山旅行記

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

さて昨日から、Back to the    business.

お盆休みも終わっちゃいましたね。

いかがおすごしでしたか?

 

 

西島は珍しく、お盆休みに旅行をしました。

一泊ですが高野山まで。

 

 

なんで、高野山なのか?

 

 

気になるでしょ?

ならんか(笑)

 

 

先々月だったかな。
「世界一受けたい授業」という番組で紹介されたんですね。

 

外国人にすごく人気がある世界遺産らしいです。

神秘的というか静寂というか。

 

それを見てめっちゃ行きたくなったんです!

 

高野町は人口が4000人という小さな街で、
そのうちの1000人が僧侶。

4人に1人が僧侶なんですよ。

 

宿泊施設も「宿坊」といって、お寺なんです。
お風呂もトイレも共同で、昭和初期な感じ。

テレビもない。

そこがまた魅力に感じたんですけどね。

 

ちなみに、西島が泊まった宿坊「西門院」です。↓

 

 

子供の頃、
「高野山は空海。比叡山は最澄」というのは覚えたんですね。

でも、どこにあるのかはわからなくて、この歳になるまで、
高野山は比叡山の近くだろう。

京都あたりかな。

そういえば、京都に高尾山ていうのがあったから、きっとその近辺だろう。

 

というなんともお恥ずかしいほどの無知な状態でした^^;

(しかも、しばらく京都に住んでいたのに・・・)

 

あ、高野山は和歌山県ですからね。

 

こちらは奥ノ院に向かう参道です。

 

これは3本じゃなくて1本の杉の樹なんですよ。

こんな大木がうじゃうじゃありました。

 

高野山は開山1200年ですから、
きっとそのころからの杉もあるんだろうと思います。

 

以前、屋久島に行ったけど、
屋久杉以上に多く感じました。

 

すごいでしょ?
大の大人の背丈を優に超えてます。

 

こちらは、金剛峰寺のお台所です。
今でも、行事の時は使われているそうです。

西島が感動したのは、この梁です。

比較物がないので、太いのが分からないかな?

 

こんなでっかい梁はいまだかつて見たことがありません。

 

 

すみません^^;

お寺よりも、つい〝木〟に目がいってしまいます。

 

 

 

テレビで紹介されたのは、とても神秘的な静寂な高野山でしたが、

ちょうどこの日は「ろうそく祭り」といって、
一年で最も混雑する日だったんですね。

西島の後ろの方も、すっごい人、人、人・・・でした。

これは開門を待ってる状態。

 

で、暗くなってくると、こんな感じ。

 

 

 

ふだんの日だったら、宿坊の門限が9時なので、

ほとんど人も出歩いていないみたいです。

 

 

今度は、行事のないとき、静寂な高野山を味わいたいです。^^

(もう一回行く気マンマンです)

 

なんてったって、世界遺産ですから。

一回は足を運んでみる価値あると思いますよ^^

 

 

余談なんですが・・・・・

高野山は真言密教なんですね。

あちこちに「おんまいたれいや そわか」というお経(?)の
紙が貼ってありました。

 

こう唱えながら、お参りされてる方もいらっしゃいました。

 

昔、「そわかの法則」という本を読んだんだけど、

それには、

そ・・・掃除

わ・・・笑い

か・・・感謝

これを続けると幸せになると書かれていました。

確か、このお経(?)の最後の意味だとか書かれてたんだけど。

 

事実かどうかはわかりませんが、
そ・わ・かを続ければ、間違いなくすばらしい人生になると思います!

 

 

 

 

西島木材は伐採もやってます!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

なんだか、急に蚊が増えたような・・・。
暑くなってきたからでしょうね。

 

暑くなって、樹木の発育もいいせいかな?
ここ最近、伐採のお仕事、お見積が急に増えてきました。

 

どこに頼んでいいかわからなかったと
来られる方もいらっしゃいます。

 

写真は先日伐採させていただいた現場です。

 

 

お見積は、無料でさせていただきますので、

お気軽にお電話ください。

0120-430-156(西島木材㈱)

 

伐採は非常に危険ですので、
安全を十分に確保した作業内容のお見積となります。

原木しいたけ栽培

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日は、まったく外にも出ず、

事務処理をこなしていた西島です。

 

いよいよ明日から師走ですね。

師走という響きだけで、気忙しく感じます。

あせらず落ち着いて、残り一か月を過ごしたいと思います。

 

 

さてさて、先日、「香福茸生産研修会」なるものに参加しました。

 

西島が以前から、

原木しいたけ栽培に興味をもっていることを知っていた

農林事務所の方から誘われました。

 

 

この香福茸とは、福井県のブランドとして、

売り出そうとしているデッカイ原木しいたけのことです。

 

 

ほだ場です。

 

 

 

一般の方にはわかりにくいと思いますが、

こちらの原木コナラがすごく太いんです。

 

太い イコール 重い イコール 作業がすごく大変なんですね。

 

ふつう原木栽培用だと、これの3分の1か4分の1くらいです。

 

自伐林業もされているので、もったいないから、

こんな太い木も使われているそうです。

 

 

向かって右の方が、今回見学させてもらった姉崎椎茸園さま。

左の方が、原木椎茸生産組合の会長さま。

 

木に携わっていらっしゃる方は、

とにかく純朴でいい人ばかりですよ。

材木屋に嫁いできて、実感していることです。

 

あ、かといって、西島がいい人だとは言ってないですよ(〃∇〃)

 

 

 

 

ところで、原木しいたけってなんぞや?って感じでしょ。

 

 

スーパーで売られているしいたけは、

ほとんどが「菌床しいたけ」といって、

おが屑にしいたけ菌をいれて、温度管理された室内で、

栽培されたものです。

 

 

大都会のビルの中でも作れます。

 

 

かたや、「原木しいたけ」とは、

文字通り原木に駒うち(しいたけ菌)して、木の養分を吸ったしいたけです。

 

ハウスでもしますが、屋外の林の中で自然に栽培します。

なので、かなりの重労働です。

 

原木しいたけは、国産ですが、

 

菌床しいたけは、菌床だけ輸入して、収穫したのが日本というのも

少なくありません。

 

しいたけ本来の美味しさ、安全性を追求したら、

やっぱり原木しいたけだと思っています。

 

 

西島は、部外者であるにもかかわらず、

懇親会にまで参加させてもらいました。

 

熱く原木しいたけ栽培について語り合ってます。

 

 

実は西島も来年の春、原木しいたけ30本からスタートします。

 

この30本という数字に、懇親会では爆笑されちゃいました。

 

 

少なくとも500本からしないとダメらしいです。本来なら・・・

 

 

そうはいっても、本業がありますからね。

 

無理は禁物(笑)

 

ぼちばちやってみます。

 

 

ちゃんと生ったら、みなさんにお配りしますよ~!