今年最後の「大人の木工教室」開催します。

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は暖かい、というより暑かったですね(笑)

でも、明日は急転直下、冷え込むみたいですよ。

どうぞ、体調管理にはお気をつけ下さいね。

 

 

ところで、今年最後の木工教室が、

12月15日(土)・16日(日)とあります。

今回は、ちょっとこぶりだけど収納バツグンの

「ツールボックス」を作ります。

 

両日とも

①10:00~

②11:30~

③13:00~

④14:30~

それぞれ3名が定員となっております。

会費は2,000円

塗装もしますので、汚れてもいい格好でいらしてください。

 

お申し込みはお電話(0120-430-156)

WEBの「お問合せ」からしてくださいね!

 

クリスマスソングを聴きながら、

薪ストーブにあたりながら、

気忙しい師走だけど、

のんびりとDIYしましょ^^

お待ちしております。

 

 

「まんぷく」 ~チキンラーメンの女房~

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今朝、あられがぱらついてましたね。

いよいよ冬将軍か?!

 

というわけで、

西島木材では薪ストーブに火入れをしました。

 

うーん、ぬくい^^

 

今日は一日事務仕事でしたが、

薪ストーブのおかげなのか、捗った気がします^^

 

 

ところで、

NHKの連続ドラマ「まんぷく」に今ハマっています!

 

日清食品創業者 安藤百福氏の奥さま 安藤仁子さんが

モデルとなっています。

 

日本ではじめて、インスタントラーメンを発明されたご夫婦です。

 

本を読んでみたのですが、

ドラマは、ほぼほぼ忠実に描かれています。

 

いろんな逆境に遭いながらも、

めげずに立ち向かっていく姿は、本当に感動を覚えるし、

やる気と勇気をいただいています。

 

 

本の中でビビッときた言葉をご紹介しますね。

 

 

〇百福の仕事は、一見手あたり次第のように見えますが、

そうではありません。

『何か人の役に立つことはないか。

そう思って周りを見わたすと、

事業のヒントはいくらでも見つかった』

と、当時を振り返っています。

 

 

 

〇発明や発見には立派な設備や資金はいらない。

 

 

 

〇夫婦は同じ舟に乗っている。

言い争いをして、お互い鉄の棒で舟底をつつき合えば、

二人とも溺れてしまう。

 

 

 

〇事業を始める時、金儲けしようという気はなかった。

何か世の中を明るくする仕事はないかと、そればかり考えていた。

 

 

 

〇『私が特許を独占すれば、日清食品は大きくなるかもしれない。

しかし、しょせん野中の一本杉にすぎない。

業界全体で力を合わせて、

大きな森として発展するほうがよいのではないか。』

製法特許の技術を公開したのです。

使用許諾を受けた会社は六十一社に及びました。

品質は安定し、消費者の信頼も高まりました。

インスタントラーメンは戦後に生まれた新しい加工食品として、

どんどん市場を広げていきました。

百福の英断はインスタントラーメンが大きな産業として

発展する礎となったのです。

 

本当にすばらしい経営者ですよね。

 

西島も、挑戦する気持ちを失わないよう、

商売に勤しみたいと思います!

 

 

 

 

 

お風呂のリフォーム

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は、お得意先様の建方のお祝に行き、

 

そのあと、金津創作の森に行ってきました。

 

(福井県出身 久里洋二氏の作品展)

たまには、感性を磨かなくっちゃね!

 

そして、本日は、タカラスタンダードショールームへ。

今度、お風呂をリフォームされるお客様を

お連れしました。

 

タカラスタンダードの売りは、なんといっても「ホーロー」

ホーローの特徴を実験を交えながら、

説明していただきました。

 

写真は、お風呂の壁に油性マジックで落書きをしてるとこ。

ホーローは水を流すだけで落ちちゃうんですよ。

それにしても、展示品とはいえ、

売り物(ユニットバス)に油性マジックで落書きしたり、

カネのブラシでこすったり、

ライターであぶったりと、

見ているこっちがビビるんですけど・・・^^;

これも、商品に対する絶対の自信があるから、

できることなんですよね。

 

 

ところで、

先日ユニットバスにリフォームされたお客さんが、

大変喜んでいらっしゃいました。

ずっと寒かったお風呂が、とてもあったかくなった、と。

 

その感想をお聞きして、私たちもすごく嬉しくなりました。

今まで、不便・不満だったのが解消されたんですもの。

リフォームママとして、これほど幸せなことはありません。

 

さて、次の工事もがんばるよー \^0^/

 

 

 

環境整備の指導日でした

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨晩はフラワーアレンジンメントのレッスンに行ってきました。

 

なんだか雑多な感じがしますが、

Xmasをイメージしています。

4本の三角形のは、キャンドルなんですよ。

ヨーロッパでは、Xmasの4週間前から飾り、

1週間ごとにキャンドル1本ずつ消す(?)使う(?)らしいです。

 

花をさわってるときは、ほんと楽しいです^^

 

 

さて、本日は「環境整備」の指導日でした。

座学の後、

構内の隅々までチェックしていただきます。

(先生の鋭い視線が・・・^^;)

 

もちろん、毎日掃除していますが、

職業柄(製材、木材の加工、リフォーム業)

汚くなりやすいんですね。(←言い訳か^^;)

 

たくさん、ご指摘、アドバイスいただきました。

 

 

「モノの乱れは心の乱れ」

ロス、ミス、ケガの元ですからね。

これからも、環境整備に真剣に取り組んで参りたいと思います。

 

最終的には、会社内だけでなく、

リフォームの現場(工事中)の環境整備を徹底したいのです。

赤ちゃんがハイハイできるくらい!

 

がんばるよ~\^0^/

 

 

木にも利他の精神が宿っている!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

先週末は、「ちっちゃな手づくり工房」の日でした。

ごみ箱作りをしました。

 

完成はこちら。

 

 

 

工具を使うのは初めてという方も

参加してくださいました。

 

それでも、ちゃんと完成して、すごいと思います。

 

回を重ねても、いろんなことが起こる木工教室(^^;)

 

私自身、もっとスキルアップしなきゃ!

と改めて思います。

どんなことにも、ちゃちゃっと対処できるようになりたいです。

 

 

 

さて、西島が愛読している“みやざき中央新聞”に

おもしろい記事がありましたので、ご紹介します。

 

*********************************

長野県の南木曽木材産業株式会社の

柴原社長の記事です。

 

なんと、伊勢神宮に木を納材している材木屋さんです。

また、伊勢神宮の御神木も斧で伐っている、

誉れ高い木こりでもいらっしゃいます。

 

 

森についてのおもしろい話が二つあります。

一つは「新月伐採」です。

新月の日に伐採した木は、割れない、燃えない、腐らないのです。

なぜかというと、木は根っこから養分を取ります。

満月の時は一生懸命下から養分を吸い上げますが、

新月の時は「気を抜く」といって、

養分を吸い上げないのです。

 

土の中に含まれているブドウ糖等を吸い上げないので、

木にあまり養分がありません。

そのため、割れにくくなって、反りにくくなって、

燃えにくくなります。

 

もう一つ、「アレロパシー」というのがあります。

森にクマが来ると、木がアレロパシーという物質を発して

周りの木にそのことを伝えます。

テレパシーではなくて、地中の根っこからアレロパシーを

伝えていくのです。

そうすることで、いくつかの木がクマを引き寄せる成分を

出して、他の木がかきむしられるのを防ぎます。

 

キャベツでいうと、キャベツに虫がつく。

するとそのキャベツが犠牲になろうとして

虫が好む糖分を出すそうです。

全滅にならないように自分が犠牲になって食べられます。

 

この話を聞いた時、

「そんなことがあるのか」と驚きました。

でも、木ってそうなのですよ。

ひとつの木が犠牲になって他の木を守ろうとすることがあるんです。

********************************

 

新月伐採の話は、よく知っていたけれど、

アレロパシーは初めて聞く話でした。

木に「利他の精神」が宿っているなんて、

超感動しちゃいました。