市場視察研修

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は、福井県市売協同組合の視察研修で、
愛知県まで行ってきました。

 

リフォームママと名乗っておりますが、
母体は「西島木材」という材木屋なんですね。

 

丸太からの製材もしますし、
柱や筋交、タルキ等の既製品の木材の販売もしております。

 

 

というわけで、木材市場とは切っても切れないご縁で
おつきあいさせていただいております。

 

 

今回、視察で訪れたのは、㈱東海木材相互市場です。

プレカット工場まで併設されている、とても大きな市場です。

 

ザザーッと写真でご紹介しますね。

 

 

ドイツ製の加工機の前で・・・

日本では、刃を動かしていくのですが、
ドイツ製は木を動かすという発想なんですね。

 

なので、こんな加工まで施されるそうです。

 

 

 

 

大工小屋もありました。

 

担当者の説明の中で、

『大工さんを応援したい』という言葉がありました。

 

もうその言葉を聞いただけで、

こちらの市場が好きになりました。

 

西島木材と、というか私自身と

価値観が合うなぁ・・・・・と。

 

 

 

 

せりも見学したんですね。

 

 

こちらの東海木材相互市場さんは、

相場が高いらしいので、

出展する側からしたら嬉しい市場といえます。

 

とはいえ、せりを見ていると、

思わず「えーっ!そんな安いん?!」と思っちゃいました。

 

 

買う側からしたら、少しでも安い方がいいのですが、

(西島木材も買う側です)

山師さんの苦労や年月を思うとショックですよ。

 

説明してくださった方もおっしゃってましたが、

『木は三代にわたって育てるものだから、

年数で換算すると、大根より安い』と。

 

 

こちらの桧は、“農林水産大臣賞”を受賞した丸太です。

長さもあるので、2000万円の値がつきました。

(これだけの高値は特別ですよ)

 

2000万円の丸太の前で記念撮影♪

 

あ、主人ではないですからね。^^

いつもお世話になってる川井木材の社長さまです。

 

想像ですが、今、名古屋城本丸御殿の復元工事を

しているので、そこに使われるのではないかと。

 

 

 

そして、場所を移動して、既製品の市場も見学。

 

 

この研修を通しての感想は、

木材業界は昔から変わってないなぁというのが、

正直な感想です。

 

こんな感想を持っている弊社もそうなんですが。

AIだ、ロボットだ、と叫ばれている時代に、

取り残されてると感じるのは私だけかな?!

進化しなければと痛切に感じます。

 

生活にユーモアを・・・

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

台風が去って三日経ちますが、
あいかわらず、台風被害のお電話が続いています。

 

改めて、台風21号は超大型だったんだなぁと実感。

 

 

ご迷惑をおかけしますが、

職人さんたちもがんばってますので、

もうしばらくお待ちくださいね。

 

 

 

ところで、西島は毎朝、ラジオを聞きながら、
化粧しています。

 

テレビだと手が止まってしまうので、
ラジオ派なんです。

 

 

そのラジオで、”リポビダンD”のコマーシャルが、
毎回面白いんですよ。

 

つい吹き出してしまう^^

 

音だけで笑わせるって難しいと思うんですけどねー、

特に朝の気ぜわしい時間だからこそ、
ほんわかとなります。

 

 

 

先代が生前、よく黒板に格言とか標語とかを書いてたんですね。

定期的に書き換えてました。

 

これが、最後の黒板になったので、

写真に残してるんですが、

 

 

この中の6番目が気に入ってます!

 

 

「花には水を、人には愛を、生活にはユーモアを、


笑いは心の扉を開くなり」

 

 

 

生活にはユーモアを・・・がいいでしょ?!

 

 

西島が素敵だなぁと感じる諸先輩方は、

みなさん、ユーモアセンスがおありなんです。

 

とりわけ、西端春枝先生のユーモアセンスは秀逸ですよ。

御年95歳とは思えないです。

 

 

やっぱ、場が和みますもんねー。

 

 

ぜひとも、身につけたい技術です(笑)

なんとかなる!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

あっという間に10月ですねー。

 

10月は毎年、西島木材の感謝祭を開催します。

 

そのちらしや準備で、少々気ぜわしい毎日です。

 

おまけに今年は、今週末、廃校になった波松小学校で
イベントがあるんですね。

 

そして、来週はあわら市商工フェスタで、
福井県産材のPRコーナーがあるらしいです。


こちらは主に社長がやってます。
(私に助けを求めてますが・・・)

 

 

そんなこんなであわただしいのですが、

 

 

西島の口癖は、

 

「なんとかなる!」

 

 

楽天的というか能天気なんですね。

 

 

 

昔は、よく悩んでたんだけど、
そのたんびに、おかんに言われたんです。

 

『くよくよ悩んだって、クソにもならん!』

 

ほんと、品がない言葉ですねー(笑)

 

 

でも、その言葉がDNAに染みついちゃったんですねー。

 

 

 

株式会社サニーサイドアップ創業者の高橋恵さんも
おっしゃってました。

 

 

悩まなければ悩まないほど

いろんなことがうまくいく

 

 

42歳で起業した高橋さん。

草創期の営業は決して簡単ではなかったそうです。

 

 

ここから、≪みやざき中央新聞≫より抜粋。

 

***********************************

 

もうひとつ心掛けたのは、

「悩む前に行動する」です。

営業の時、断られるたびに悩んでいたら、

きっと何も動かなかったと思います。

 

会いたい人がいたら、会えない理由ではなく、

「会える方法」を探しました。

 

またやりたいことがあったら、

そのための時間やお金をどう作り出すかを考えました。

 

そして、「こんなことができないかな?」と思ったら、

すぐに口に出して言っていました。

 

こうした「言ってみる、行ってみる、やってみる」を

50年間ずっと続けてきたことで、

私の人生は思いがけない方向へと転がり、

どんどん楽しくなっていきました。

 

以前の私は

「悩みの80%は悩まなくていい」と言っていたのですが、

最近はその比率をさらに上げ、

「悩みの90%は悩まなくていい」と言うようにしています。

 

*******************************************

 

単純に楽天的な西島と高橋さんとでは、

努力の量がまったく違いますけどね。

 

ただ、「悩まない」という点では似ているのかもと
思いました。

 

 

あの高杉晋作でさえ、

「困った」という言葉を決して吐かなかったそうです。

 

絶対絶命のピンチを、何度も鮮やかに切り抜けた、
高杉晋作の秘訣だそうです。

 

 

「なんとかなる」っていい加減な言葉みたいですが、

意外となんでも乗り越えられる言葉でもあるんですよ^^

 

 

台風の被害は火災保険が適用されます

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと西島由紀恵です。

 

ようやく福井も台風が去った模様です。

あなたの街は大丈夫でしたか?

 

西島木材のお客様の中には、

『雨漏れがした』

『自転車小屋の窓が割れた』

『瓦を見てもらいたい』

等々のお電話がありました。

 

台風での被害は、火災保険が適用されます。

保険を使ったからといって、
自動車保険のように来年等級が下がるということは
ありませんから、利用した方が賢明ですよ。

 

ぜひ、証券なり(保険の)担当者なりご確認くださいね。

 

 

さて、現在解体中の現場があり、台風の被害がないか、
心配でしたので見に行ってきました。

 

といっても、早朝、社長が見て回り、
なんともなかったと帰ってきたのですが・・・

 

それでも、女性目線というものがあるんですよ。

女にしかわからない視点というものが・・・(笑)

 

外部のトタンがフラフラしてたので、

解体屋の職人さんに頼んで、はずしてもらいました。

 

中の方では基礎屋さんが入っていました。

 

職人さんたち(社員さんたちも)には、

この雨の中でも作業してくれ、本当に感謝ですね!

 

 

ここのところ、
休みのたびに断捨離をしている西島です。

 

実は自宅のプチリフォームを計画してるんですね。

 

 

それで・・・

 

今年は、社長の祖父(西島木材の創業者)西島多吉の

五十回忌があります。

その前に仏間をリフォームしたいとずっと思ってたんです。

 

プチとはいえ、やっぱりリフォームって楽しみですね。

今回はお客さんの立場を意識したいと思ってます。

 

 

 

お墓参り

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

台風の影響でしょうか、今日はフェーン現象で蒸し暑かったですね。
ミストサウナに入ってるみたいでしたもんね^^

 

先週末、ちょっとだけ長男が帰ってきました。

 

愛媛で修行中の身ですが、
富山に来たので、福井にも寄ったみたいです。

 

 

息子たちが帰省すると、
時間がなくてもお墓参りだけは行かせるんですね。

 

今回もそれだけはできたので、
とりあえず、ほっとしています。

 

 

ところで、
「お墓参り」で強烈に思い出す話があるんですよ。

 

確か元々は茨城県が発祥だと思うのですが、
(今は関東地方全県に)
「坂東太郎」という飲食業があるんですね。

 

その社長様のお話です。

 

 

開業当初、4店舗になったころ、
離職率が非常に高かったそうです。

 

 

スタッフが入っても次々と辞めていってしまう。
社長のポケットには常に退職届が入っていたといいます。

 

それで、しょうがなく、お店が閉店になると、
その4店舗を社長と奥さまとで掃除に回ってたそうです。

 

もう車の中で寝泊まりしてたとおっしゃってました。

 

 

お客さんは入るのだけど、スタッフがいないという
労務倒産の危機になり、
社長は毎日、お母様が眠るお墓にすがるように
参られてたいたのだとか。

 

 

そして、だんだん追い詰められていったとき、

社長はお墓をかじったそうです。

 

温厚そうな風貌からは想像もできませんが、
つらさ、悔しさの持っていきようがなかったんでしょうね。

 

そのかじった場面が強烈過ぎて、
あとはうろ覚えなんですが(^^;)、

確かお母様の声が聞こえてきて、今までの自分の傲慢な態度を
悔い改めて、スタッフと向き合うようになったとか・・・

 

今では押しも押されぬ優良企業となられてます。

 

お墓参りに行くたび、思い出す話です。
ただ、かじろうと思ったことはまだなくて・・・・・(笑)、

そこまで地獄を見ないと、ガーッと浮き上がることも
ままならないのかなぁとも思います。

 

いろいろ経験はしてきたけれど、
実はまだ地獄を見ていないんですよね。

そこが西島の弱い所かなぁ。