脳ドック

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日、人生初めての「脳ドック」に行ってきました。

 

同級生でも亡くなってたり、
脳梗塞で手術したり、
入院してたり・・・・

だんだんそういう年頃になってきたんですね。

 

物忘れもひどいし、ちゃんと診てもらおうと思って・・・・・

 

おかげさまで、きれいな脳でした^^

(頭が悪いのは置いといて・・・^^;)

 

これでまた、おもいっきり働けます!

 

 

さて、明日は東京へ行ってまいります。

若干ワクワクしております^^

大好きな雑貨を仕入れてきますね。

 

 

 

 

私の強み

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨晩は、大好きなフラワーアレンジメントのレッスンでした。

が、西島の苦手な花束でした。

 

見る人が見たらよくわかる。

へたくそなんです^^;

 

ま、伸びしろがある作品ということで・・・(笑)

 

 

 

さて、先月だったかな。

知人に社員教育を依頼しました。

その前にいろいろ話をするうちに、

まずは社長の理念がないと進まないと言われました。

(恥ずかしながら、理念がないらしいんですよ)

 

まず、そっちから始めましょうということで、

本日、その第一回目をしました。

 

 

西島木材がどういう方向に向かっていくか?

どうなりたいのか?

 

 

社長と妻の私が同じでないといけないんですが、

正直バラバラな状態なんですね。

 

社長は、私が反対する方向になぜ行こうとしているのか、

講師も含めて話してて、

「ああ、こんなことを考えてたのか」

と目からうろこでした。

第三者を交えて、話し合えたことは、

ほんとよかったと思います。

 

 

これから、社長も私も自分の生い立ちから遡って、

自分の強みや本当にやりたいこと、

最終的には、自分のミッションを追求していきます。

 

自分のことって、一番自分が知ってるはずなのに、
わからないんですよね^^

 

 

ところで、今日コンプレックスや強みの話のなかで、

義母から唯一褒められたことを思い出しました。

 

 

それは、「取立」です(笑)

 

昔は、BtoB(卸し)しかしていませんでした。

その当時、支払いがたまっている大工さんが多かったんです。

なんせ、大昔の慣習として、盆正月に支払うというのが
残ってたらしいです。

 

 

それを、一軒一軒、回収してまわりました。

お上品に言って、伝わる相手じゃなかったんですね。

 

それこそ、『極道の妻たち』の岩下志摩になりきってました。

そこらへんのチンプラより言葉汚なに、罵ってましたもんね。

 

 

若気の至りといえば、それまでかもしれませんが、

なにはともあれ、毎晩出かけて回収しまくりました。

 

『ゆきえさん、うまいわー!

どうやってとってきたのぉ?!』

 

これが、義母に褒められた最初で最後のできごとです。

 

こんなエピソードを思い出し、講師に話したら、

『いいですねー!

その奥さんの強み、ぜひ使ったほうがいいですよ』と。

 

 

そんなもん、どこに使えるというのー?!

 

 

『いや、形を変えたら、なんかできますよ』と講師。

 

 

 

今後の展開がおもしろくなりそうな西島木材です。(笑)

こうご期待!!!

 

あ、16年前からBtoCに参入してからは、

「取立」はいっさいなくなりました。

 

いいお客さんに恵まれてよかったです♪

 

 

 

「気」を集める

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨晩、久しぶりに主人と出かけました。

銀行さんからクラシックコンサートにご招待いただいたんですね。

 

 

こんなことでもなかったら、
主人とクラシックなんて、一生なかったと思います。

 

北陸銀行さま、楽しいひとときをありがとうございました♪

 

 

さて、今月号の「致知」にJR九州の社長の記事が載ってました。

 

あの豪華寝台列車「ななつ星」を生んだカリスマ社長です。

 

次男がその本を持って帰ったので、
引用できないんですが、
内容がすごく気に入ったんですね。

 

で、朝礼でも使わせてもらいました。

 

ざっくり覚えている範囲で書きますね。

 

 

外食産業で繁盛している店と

そうではない店の違いは何か?

それは「気」が違うことだ。

 

掃除が行き届いていて、
明るく元気な挨拶。
料理が美味しいのはもちろんだが、
入った瞬間、「気」がちがう。

 

では、どうしたらいい「気」を集められるのか?

 

一つ目は「キビキビとした動作」

 

佐川急便は歩いたらダメだって聞いたことがあるんだけど、
確かにキビキビしてると、見てても気持ちいいですよね。

 

二つ目は「元気な大きな声でしゃべる」

 

打ち合わせ等、社員同士の話でも、
ヒソヒソと話しているのではダメらしいです。

 

なんかわかる気がしますね。

 

外食産業だけに限らないと思いますので、
しつこく言い続けようっと。

 

 

 

明日あさってと「ちっちゃな手づくり工房」です。

明るく大きな声で、キビキビとがんばりますね^^

 

高野山旅行記

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

さて昨日から、Back to the    business.

お盆休みも終わっちゃいましたね。

いかがおすごしでしたか?

 

 

西島は珍しく、お盆休みに旅行をしました。

一泊ですが高野山まで。

 

 

なんで、高野山なのか?

 

 

気になるでしょ?

ならんか(笑)

 

 

先々月だったかな。
「世界一受けたい授業」という番組で紹介されたんですね。

 

外国人にすごく人気がある世界遺産らしいです。

神秘的というか静寂というか。

 

それを見てめっちゃ行きたくなったんです!

 

高野町は人口が4000人という小さな街で、
そのうちの1000人が僧侶。

4人に1人が僧侶なんですよ。

 

宿泊施設も「宿坊」といって、お寺なんです。
お風呂もトイレも共同で、昭和初期な感じ。

テレビもない。

そこがまた魅力に感じたんですけどね。

 

ちなみに、西島が泊まった宿坊「西門院」です。↓

 

 

子供の頃、
「高野山は空海。比叡山は最澄」というのは覚えたんですね。

でも、どこにあるのかはわからなくて、この歳になるまで、
高野山は比叡山の近くだろう。

京都あたりかな。

そういえば、京都に高尾山ていうのがあったから、きっとその近辺だろう。

 

というなんともお恥ずかしいほどの無知な状態でした^^;

(しかも、しばらく京都に住んでいたのに・・・)

 

あ、高野山は和歌山県ですからね。

 

こちらは奥ノ院に向かう参道です。

 

これは3本じゃなくて1本の杉の樹なんですよ。

こんな大木がうじゃうじゃありました。

 

高野山は開山1200年ですから、
きっとそのころからの杉もあるんだろうと思います。

 

以前、屋久島に行ったけど、
屋久杉以上に多く感じました。

 

すごいでしょ?
大の大人の背丈を優に超えてます。

 

こちらは、金剛峰寺のお台所です。
今でも、行事の時は使われているそうです。

西島が感動したのは、この梁です。

比較物がないので、太いのが分からないかな?

 

こんなでっかい梁はいまだかつて見たことがありません。

 

 

すみません^^;

お寺よりも、つい〝木〟に目がいってしまいます。

 

 

 

テレビで紹介されたのは、とても神秘的な静寂な高野山でしたが、

ちょうどこの日は「ろうそく祭り」といって、
一年で最も混雑する日だったんですね。

西島の後ろの方も、すっごい人、人、人・・・でした。

これは開門を待ってる状態。

 

で、暗くなってくると、こんな感じ。

 

 

 

ふだんの日だったら、宿坊の門限が9時なので、

ほとんど人も出歩いていないみたいです。

 

 

今度は、行事のないとき、静寂な高野山を味わいたいです。^^

(もう一回行く気マンマンです)

 

なんてったって、世界遺産ですから。

一回は足を運んでみる価値あると思いますよ^^

 

 

余談なんですが・・・・・

高野山は真言密教なんですね。

あちこちに「おんまいたれいや そわか」というお経(?)の
紙が貼ってありました。

 

こう唱えながら、お参りされてる方もいらっしゃいました。

 

昔、「そわかの法則」という本を読んだんだけど、

それには、

そ・・・掃除

わ・・・笑い

か・・・感謝

これを続けると幸せになると書かれていました。

確か、このお経(?)の最後の意味だとか書かれてたんだけど。

 

事実かどうかはわかりませんが、
そ・わ・かを続ければ、間違いなくすばらしい人生になると思います!

 

 

 

 

ご縁

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

昨日、スマホをアンドロイドからアイフォン7に
替えました。

調子が悪かったので、この際にと・・・

でも、若干後悔しております。
超アナログ人間なもんで、使いこなせるまでに
非常に時間がかかるのです^^;

 

なにはともあれ、がんばりまする!

 

さて、こちらはカーポートの現場です。

    

 

すごーく嬉しかったのは、
こちらのお宅の奥さまが、

西島木材の「ちっちゃな手づくり工房」に来ていただいたことが
ご縁だったのです。

 

数ある業者の中から、弊社を選んでいただき、
本当にありがたかったです。

 

この気持ちを忘れずに、
日々精進してまいりたいと思います!