お客さんを喜ばせる

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

先月末の台風以来、あわただしい日々が続いております。

 

(台風被害の)お見積は提出しても、
なかなか工事に入れてない状況です。

特に足場やさん、瓦やさん、板金屋さんがパンク状態なんです。
しかも、みんな天候に左右される業種なもんで・・・。

 

実は昨日も催促のお電話が・・・

 

本当にご迷惑をおかけしていますが、
今しばらくおまちくださいね。

 

 

 

西島が常日頃、言ってる言葉があります。

 

『お客さんに喜んでもらうように』

 

商売人にとっちゃ、当たり前のことなんですけどね。

ここ最近、なんかバタバタしてて出来てるんかなぁと

心配になってたので、

今朝の朝礼では、「みやざき中央新聞」から、この記事を

引用させてもらいました。

 

 

西島のブログを読んでくださってる方にも、

ご紹介させてください。

 

********************************************

 

これからは「知性の時代」だと私は思っています。

「知性」とは頭がいいという意味ではありません。

常に相手本位で振る舞うことができるという意味です。

 

これは、あるケーキ屋さんでのエピソードです。

 

その男性は、閉店時間が夕方6時30分なのに

6時45分に来店されてこう言いました。

「バースデーケーキはないですか?」と。

 

30代の女性店長は

「すみません。もう閉店でバースデーケーキは

売り切れてしまいました」

と答えました。

 

男性は「そうですか。今日は娘の誕生日で、

俺がケーキを買って帰る役目だったんだけど、

仕事が遅くなって、急いで来たんだけどね」

と残念そうに言われました。

それを聞いて店長は本店に電話をしました。

でも本店にもありませんでした。

工場にも電話をしましたが、すでに終わっていました。

「すみません。どうしてもバースデーケーキはありません」と言ったら、

男性は「そうですか」と言って店を出ていかれようとしました。

その時、店長は「ちょっとそこに座って待っててください」と

言ったかと思うと、

電話帳を持ってきて近所のケーキ屋さんに電話をし始めました。

何軒目かでバースデーケーキが残っている店を見つけました。

その男性に「このお店ならうちに勝るとも劣らない味です。どうですか?」

と聞きました。

 

男性は喜びました。

すると店長はネームプレートに書く娘さんの名前をそのお店に伝えました。

電話を切ると、男性が「ありがとうございました」と言って出ていこうと

したので、そこを店長は呼び止めました。

「あと7,8分お待ちいただけませんか。

そのお店、私の帰り道の途中にあるので、私の車でお送りします」

と言って、その男性をお店まで連れて行ったのです。

たとえば、バースデーケーキがない。

本店に電話した。

工場にも電話した。

それでもない。

だから「申し訳ございません。もう売り切れて在庫がありません」

と言って、お客様を出口まで見送り、

「ありがとうございました」と言ったとしても、100点満点です。

それ以上の行動は普通ありません。

 

(中略)

 

 

店長には「理想」がありました。

それは「すべてのお客様に喜んでいただきたい」というものです。

この理想を持っていたからその店長は「知的な対応」ができたのです。

人間は、理想をいつも頭の中に置いておくと、

咄嗟の時に「知的な対応」ができるんです。

「知的な対応」はどこから生まれてくるのかというと、

「すべてのお客様に喜んでいただきたいという理想を叶えようとする意欲」

からです。

 

(省略)

 

********************************************

 

10年ほど前の記事なので、内容は古いのですが・・・

今なら、スマホで探せますからね^^

ただ、「お客様に喜んでもらいたい」という根っこがなければ、

商売は長続きしないと思います。

 

そして、これは朝礼では言いませんでしたが、

経営者がその社員を喜ばせてなかったら、

社員がお客様を喜ばせることはできないんですよね。

ここは、いつも自分に言い聞かせていることです^^

 

成功の秘訣

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日のランチミーティングは、
近所の弁当屋さんの弁当ではなく、

ちょっと奮発して、
若狭牛のフランス料理のコースにしました。

 

 

感謝祭が終わってからの台風被害の対応に

追われている社員さんたちを労いたかったんです。

 

 

 

 

 

 

このあとも続くのですが、

どれも美味しかったですよー♪

 

 

ピアノの生演奏にも、うっとり!

 

また、社員さんたちを連れてきたいなと思います^^

連れてこれるようにがんばらなきゃね!

 

あ、こちらは福井市にある“ショパン”さんです。

 

 

ところで、今月号の致知に越智会長(靴下専門の卸会社タビオ)が

載っていました。

 

十五歳で丁稚奉公に入り、苦労の連続だった越智会長。

 

 

世間では「ブラック企業」とか「パワハラ」とか騒がれていますが、

越智会長が受けた仕打ちと比べたら、比べ物にならないですよ。

 

それでも、

「わしは男だ、わしは男だ」と溢れてくる涙を堪えながら、

働いてこられました。

 

越智少年が中学生の時、

担任の先生から、こんなことを言われました。

 

『直正、ただの商売人になりたくなかったら勉強しなさい。

中国古典を読みなさい。

意味がわからなくても繰り返し読むうちにわかってくるから」と。

 

奉公に入ってしばらく経ったころ、

古本屋で店主に勧められ、“孫子”を手に入れます。

 

わからなくても何度も何度も読むうちに、

丁稚の厳しさにうちのめされそうな越智少年の

唯一の心の支えとなりました。

 

それは独立後の厳しい試練の時も、

繰り返し読み続けた古典が支えとなったそうです。

 

 

・・・・・とここまでは何度か本で読んでたので、

知っていましたが、

西島が今回「おもしろい」と感じたところをご紹介しますね。

 

 

********************************************

 

 

私が教えを乞うたのは、古典ばかりではありませんでした。

 

経営の神様と言われた松下幸之助さんが、

日本将棋連盟から依頼を受け普及会員になった時、

大山康晴という大名人と対局したことがありました。

 

普通に考えれば、

将棋に関しては素人の松下さんが大山名人に適うはずはないのですが、

勝ったのは何と松下さんのほうでした。

 

松下さんは指し手に困るたびに大山名人に

「先生、ここではどう指せばよいのでしょうか?」

と尋ね、言われたとおりに指すうちに

大山名人の王将が詰んでしまったというのです。

 

 

私が商売でやってきたこともそれと同じでした。

創業時より紳士物の靴下を専門に扱ってきた私が、

婦人物への進出を決意した時、

周囲からは「越智は婦人物などできるわけがない」

と一笑に付されました。

 

 

その時に私は、店頭の女性販売員を先生と呼んで

教えを乞うたのです。

女性たちは実に的確なアドバイスをくれ、

そのアドバイスに素直に従って商品開発を続けるうちに、

私はいつの間にか業界でも認められる人間になることができました。

 

 

仕事に成功する一番の秘訣は、

知ってる人から教わることなのです。

 

 

********************************************

 

すごくシンプルですよね!

「知ってる人に聞く」って。

 

シンプルだけど、謙虚でなければ出来ないことですよね。

腐ったプライドとかあったら、意外に難しいことかも・・・

 

改めて、

謙虚に素直に生きたいと思います。

 

 

越智会長は最後にこう結んでいらっしゃいます。

 

「人間というのは皮肉なもので、

将来の幸せに繋がる道であればあるほど、

そのことに気づかずに嫌悪し、

避けてしまう傾向があるようです。

 

極楽に連なる道には般若の面があること、

将来の幸せに繋がる道ほど険しいことを肝に銘じていただき、

自分を見くびることなく、夢を持ち、志を持ち、理想を持って、

歩んでいただきたいと願っております。」

 

 

 

 

 

 

 

3B体操 in あわら市

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと西島由紀恵です。

 

うーん、太ももの裏が痛いなぁー。

 

実は一昨日、

西島木材倉庫内で、「3B体操体験教室」をしました。

ゆるい体操だと思っていたけど、

まさかの筋肉痛です。^^;

 

なんで、材木屋が3B体操をするのか?

って思いますよね?

 

 

西島は独身時代、会計事務所に勤めていたんですが、

そのときの先輩が、あわら市で3B体操を教えています。

 

来年の福井国体では、
あわら市のデモンストレーションスポーツとして、
3B体操をするそうです。

 

なので、3B体操人口をもっと増やさないといけないんですね。

 

 

そんなこんなで、

先輩から、無料体験教室をさせてほしいとお声がかかりました。

 

 

≪頼まれごとは、試されごと≫

 

大好きな中村文昭氏の言葉です。

 

人から頼まれたら、損得考えずに受けることが大切であると。

 

若干、心残りなのは、もっと集客がんばればよかったなぁということ。

ま、また次回がんばればいいかっ(笑)

 

 

ところで、この3B体操ですが、

毎週月曜日の7:30~8:50まで、

あわら市中央公民館にてやっています。

 

どなたでも、無料体験受け付けていますから、

興味のある方は、ぜひいらしてください。

 

 

西島も参加しますよ~!

いっしょにはじめませんか?!

 

 

 

 

 

 

「伝えることから始めよう」

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は、うちのワンコが脱走してしまい、
思わぬ時間が取られてしまいました^^;

 

無事に保護されたので、よかったんですが・・・
ほんとに人騒がせな、でも憎めないワンコです。

 

 

ところで日曜日、この本を読みました。

ジャパネットたかた創業者 高田明著

「伝えることから始めよう」

 

あのテレビショッピングで有名な高田元社長が
書かれた本です。

 

 

今まで、西島がセミナーや勉強会で学んだ全てが書かれてました。

 

 

まず、

 

「今、目の前のことを一生懸命にすること」

できない理由を言うんじゃなくて、

できることを見つけて、動く!

一生懸命動いていると、自然と次の課題が見えてくる。

 

これは、中村文昭氏のCDにもあった、
とても好きなフレーズなんです。

 

高田氏はこうも言ってました。

 

「一生懸命に今を生きていれば、時代が味方してくれる」と。

 

 

 

また、テレビショッピングで商品の紹介をするとき、

機能やスペックは言わなかったそうです。

その商品をお客さんが買ったことで、

どうなるのか。どんな幸せが待っているのか。

そこを訴え続けていたと書かれてました。

 

これは、エクスマの藤村先生がずっとおっしゃってこられたことと
おんなじです。

 

例えば、デジカメなんかだと、
画素数がどうのこうのとか、正直興味がないんですよね。

それより、そのデジカメを手にすると、
どんないいことが待ってるの?
そこを訴求すべきだと。

 

 

 

高田氏は、若い人によく
「その商品はだれに伝えたいの?」と質していたそうですが、

 

これもいろんなセミナーで言われてきました。

 

このブログも、チラシもSNSも、イベントも。

だれに向けて発信しているのか?

これを明確にしないと、ぼやけるらしいです。

結果、だれにも響かない販促物になると聞きました。

 

 

 

「伝えなければ、ないのと同じ」

 

この言葉も、エクスマセミナーでは、必ず出てくるフレーズです。

それなのに、伝えきれていないんですよね。

伝えていると思い込んでるというのかな^^;

 

 

他にも共感するところがたくさんありました。

 

 

「人も会社も自己更新し続ける」

西島は「進化」という言葉が大好きなんですが、

自己更新と通じるものがありますよね。

 

 

また、深く反省した点もありました。

 

そのまま抜粋しますね。

 

「昔は社員旅行をやっていたけれど、今はやらない、

という企業が多いようです。

メーカーの研修旅行なども、かつてはよくありましたが、

今はほとんどなくなってしまっています。

もったいないと思います。

社員旅行は、言ってみれば会社のお祭りです

皆で大きく盛り上がる絶好の機会です。

お祭りをなくしてしまうと、元気がなくなりますよ。

 

地方創生をテーマにいろいろな地方の話を聞きますが、

祭りをなくしたところは元気をなくしています。

祭りは人を活性化させるのです。

会社も同じだと思います。」

 

 

ガーーン!

まさに、西島木材がそうなんですよ。

 

まずは、日帰り旅行から復活させようと思います。

 

 

高田氏は、

「社員の満足がなければ、顧客満足は得られない」

とおっしゃっています。

そういう思いが、随所に表れていました。

 

法政大学の坂本教授(「日本でいちばん大切にしたい会社」著者)も

常々おっしゃっています。

社員満足がいかに大切か。

 

 

ジャパネットたかたは、もともと高田元社長と奥さんと二人で

はじめられた会社なんですね。

 

それが、一代で年商1500億円の企業にまで成長しました。

 

ずっと、アメリカ的思考なのかなと想像してたんですね。

アメリカ的というのは、目標を掲げて
それに向けて行動していくタイプです。

 

でも、まったく違ってました。
超日本型なんです。

今できることを精いっぱいやりながら、
こつこつと積み上げていくタイプ。

売上目標すら立てていないんですよ。

 

 

ビジネスセミナーマニアの西島が、
お薦めできる本でした!

 

だまされたと思って、読んでみてください^^

 

 

 

 

寄り道

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日明日と、タカラスタンダード福井ショールームで
展示会をしています。

 

お風呂にしろ、キッチンにしろ、
ひとつひとつ決めるのは楽しみでもあり、
結構大変な作業なんですよね。

 

浴槽の質、色、扉の形状、床の色、水栓の形状、天井の形状・・・と、
決めていくことが多々あり、
お施主様もかなりお疲れになられます。

 

 

そりゃあ、迷いますよね。
そうそう買い替えるものじゃないですからね。

 

お施主様が悔いの残らないように
西島もじっくりおつきあいさせていただきます。

 

 

明日も一日タカラスタンダードに常駐しておりますので、
お気軽に会いに来てくださ~い!

 

ご来場の方には、

メロンパン&メロンパンラスクがもらえますよ^^

 

 

 

ショールームの帰り、

思い立って、映画を観て帰りました。

 

 

東野圭吾のベストセラーの映画化らしいです。

 

ポスターには

「全世界500万人が涙。東野圭吾作品史上最も泣ける感動作」

映画化! とありました。

 

うーん!泣けるというよりかは、ほっこりしたかな。

 

 

ネットであらすじを読んでたんだけど、

読まなかったら、ちょっと理解するまでに終わってたかも・・・^^;

今は、映画を観たり、展覧会に行ったり、旅行したりして、

感性を高めていきたいと思っています。

 

ブログで、そんな紹介もできたらいいなぁ♪