どんな問題を解決できるか?!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

先週、地元の中学校の職場体験がありました。

将来の夢が「建築士」という男の子が二人。

 

配達、現場での手伝い、木材の加工、ものづくり・・・と
とてもがんばっていました。

 

 

あとで、中学校からアンケートを頼まれたんですが、
今やっと書けました^^;(ふぅーっ)

カッコいいこと書こうと思うから、筆が進まないんだな(笑)

 

 

 

ところで、先週、長男にある記事をラインで送りました。

私自身も、その捉え方を誤ることがあるので、自戒の意味も込めて・・・

 

 

日本の製品を海外のバイヤーにつなぐ仕事をしている

小島さんの話です。

 

**********************************************

 

たとえば、なぜ「ほか弁」は売れるのか。

美味しさだったらファミリーレストランのほうが美味しいと思います。

でもファミレスは学生にはちょっと高い。

では自炊したら安くお昼が食べられる。

しかし自炊する時間がない。

ファーストフードに行けばぱっぱと食べられる。

しかし栄養が偏る。

 

つまり、ここなんです。

「ファミレスに行くお金はない」

「自炊する時間がない」

「栄養が偏るのはイヤ」

という人の悩みを「ほか弁」が解決してくれているんです。

つまり弁当を売っているのではなく、

「弁当で」空き時間と低コストと栄養バランスを売っているんです。

お弁当を、お客さんが抱えている問題を解決する手段や媒体にしているのです。

 

 

商品を売るのが仕事ではなく、

商品で売るのが仕事と捉えていくと、

「私たちは自社の商品で何を売ろうとしているのか」

と考えることができます。

 

 

ところが切羽詰って海外に販路を拡大したいと相談に来られる企業さんは、

「少子化や高齢化が進んでいる」

「市場が縮小している」

「客単価が減少している」

といった自社の問題を解決したいということで来られるんです。

これだとうまくいきません。

 

「仕事とは相手の問題を解決する行為」と私は捉えています。

「相手の問題解決を通じた社会貢献による自己実現の営み」と

言い換えることもできます。

 

私たちが提供する商品で、相手の問題を解決することが分かれば、

購入してもらえるということです。

この理にかなっていれば、どんな仕事でも成り立つのです。

 

*********************************************

 

今までにも、幾度となくマーケティングの勉強会で言われていることです。

 

あなたの参考になったら嬉しいです^^

 

 

よそでは絶対にやらない!

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は暑かったので、
アイスクリームの差し入れをしました。

やっぱ喜ばれますね^^
今日みたいな日は・・・

 

 

さて、突然ですが、これはなんでしょうか?

板の固まりじゃね?! てか?

板は板でも「よろい板」と言います。

よーく見ると、木口が三角形になってるでしょ?

外壁などに使うんですが、下から張っていくとき重なりの部分があるので、

三角形になっています。

これは杉材ですね。

弊社(西島木材)では木材の小売りもしております。

お気軽にお越しくださいね。

 

 

・・・・・と今ブログを書きながらも、頭の中はもんもんとなってます。

 

というのも、西島のマーケティングの師 藤村先生の今日のメルマガを

読んでたら、こんなフレーズがあったんです。

 

 

「よそでは絶対にやらない、そういう価値を創ろう」

 

以下は、そのまま引用しますね。

 

***********************************************

 

一見「独自化」なんてできそうもない、タクシーっていう業界だって、

これだけ独自化している人がいるのです。

(※前半がジャズタクシーの事例でした)

なんだか勇気がわいてきますよね。

視点ですよ、視点のもちかただけで、いろいろな展開が見えてきます。

常識に縛られていては、まったく前に進めません。

だからあなたも今日から、「独自化」の道を歩きましょう。

まず覚悟することです。

よそがやっていることは、絶対にやらない。

それを超える、圧倒的な価値を創る。

そういう覚悟が必要です。

「コンセプト」という言葉がありますよね。

これは「概念」というふうに捉えられていますが、語源を調べていくと、

その中に「決意」という意味もあるということがわかります。

そうなんですね。

「コンセプト」っていうものは、ぶれたり迷ったりしてはいけないんですよ。

だから「コンセプト」は覚悟が必要なのです。

さあ、あなたも決意してください。

既成概念や業界の常識、成功体験に縛られない視点を持つ。

そして、あなただけが提供できる「価値」を創出するということ。

 

ま、はっきり言って、こう思うだけでも変わってくると思いますよ。

そう思った瞬間から、あなたの脳はそういうふうに働こうとするのです。

すると、視点が変わったり、ものごとに対する考え方が変わっていきます。

当然今までとはちがう世界が見えてきます。

 

決意してください!

 

***********************************************

・・・・・とありました。

 

メルマガ読んでから、うーーーーーん・・・・・

西島独自の価値ってなんだろう???

って感じなんですけど、

とりあえずは決意します^^v

 

 

 

 

あるお武家さんの話

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨日は女子社員の誕生日でした。

社員さんの誕生日にはプレゼントを贈っていますが、

毎回何にしようと探すのが、けっこう楽しいのです^^

 

で、今回選んだのがこちら↓

手をマッサージする機械です。

体験したら、すごく気持ちよかったの。

一生懸命働いてくれてる手をもみもみしてもらいたいです!

 

 

社員さんたちに誕生日のプレゼントを贈るきっかけは、

20年くらい前に読んだ本(というかお寺の冊子)に

紹介されてた本かもしれません。

 

その本を買いたかったんだけど、題名も著者も控えてなくて

調べようがなかったんです。

当時は、ネットで検索とかアマゾンでクリックとか、

できなかった時代ですから・・・

 

 

話は戻って、どういう内容だったかというと、

あるお武家さんと奥さんの話です。

公務で家をあけることが多かったお武家さんは、

仕事も順調で、これも自分の才能と努力の賜物だと思っていた。

家で仕えている奉公人もよく働いてくれていた。

 

ある日その奥さんが、病気で亡くなるんですね。

 

で、

『家内の形見分けをするから』と奉公人たちを部屋に集めました。

そのとき、女中のひとりが言うんです。

『奥さまの形見は何もないと思います。

生前奥さまは、私たちに着物や帯、かんざしといろんなものを

くださってました。里に帰るときは、いつもお土産を持たせてくれてました。

もう私たちはじゅうぶんにいただいております。

奥さまには本当によくしていただいて感謝しかありません』と。

 

そして、実際箪笥を開けると、もう何もなかったのです。

 

そのとき初めて、お武家さんは、

妻が奉公人を大事にしていてくれたおかげで、

みんなが一生懸命働いてくれてたんだ。

自分の才能や努力ではなかった。

 

自分自身も家を空けることが多かったにもかかわらず、

家を守ってくれてたということに気付くのです。

 

・・・・・というような内容だったと思います。(うろ覚えですが)

 

これを読んで、私もこういう奥さんになりたい、なろうと思ったんです。

 

 

まだまだ未熟者ですが、この奥さんに近づこうと精進ちうです^^;

 

ただ、決定的に違うのは、この奥さんのように「陰徳」ができないんです。

(※陰徳とは人知れず徳を積むこと)

 

うちの夫も家や会社を空けることが多いんだけど、

「あなたがいない間、私はこんなにがんばってるのよ~」と

逐一夫に報告してしまうんです(笑)

死んでから感謝されてもねー^^

 

 

 

 

 

西郷どんみたいな人

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

西島が好きなのを知ってか知らずか、

よくいただくのです^^

 

 

越前海鮮倶楽部の海鮮煎餅♪

 

みんなで、美味しくいただきました。

 

 

さて、西島の愛読書“致知”に

臨済宗管長(横田南嶺氏)の連載があるんですね。

 

 

なるほどと思う逸話があったので、そこだけ抜粋しますね。

 

 

*********************************************

 

ある男性がお釈迦様の高名な噂を聞いて

ぜひともお目にかかりたいと旅に出るという話である。

 

 

まだ一度も村を出たことのないその男は、道に詳しい者たちについて

出かけたが、嵐にあってはぐれてしまった。

幸いに羊飼いの家に泊まって、厚遇を得た。

明くる日出かけようとするが、羊たちが嵐に紛れて逃げてしまい、

羊飼いは大変な目に遭っている。

すぐに仲間に追いつかねばとも思うのだが、

見捨てるわけにもゆかず、

羊飼いの手伝いをして羊をすべて捕まえた。

 

しかし三日が経っていた。

 

 

何とか仲間に追いつこうと旅立つが、

途中で水をもらった農家の女性が、

夫に先立たれ幼い子を抱えて畑の刈り取りが出来なくて困っているという。

男はその家にとどまり、

すべての収穫を終えるのに三週間もかかってしまう。

 

 

もうあと少しでお釈迦様のところにたどり着こうかという時に、

老夫婦が川に流されているのを発見し、

男はすぐさま川に飛び込み助けて衰弱していた老夫婦を

看病することになった。

 

 

こうしてあと少し、あと少しというところで、

いつも何かが起き、お釈迦様と出会えぬまま、

各地を転々と旅し続け、二十年という歳月が過ぎた。

 

 

お釈迦様が涅槃に入られるという噂が流れた。

この機会を逃したら、もう二度とお釈迦様にはお会いできないと

思って、わずかな食料を携えて、お釈迦様が涅槃に入られる地へと急いだ。

 

 

ところが、またもやあと一息というところで、

道の真ん中に一匹の怪我をした鹿が倒れているのを目にした。

誰かがついていなければ死んでしまうだろうが、

あたりには誰もいない。

そこで自分の持っていた水と食料をすべて鹿の口元に置いて

立ち去ろうとした。

しかし気がとがめて引き返し、一晩鹿の看病をした。

 

 

夜が明けると、鹿も少し元気になってきたので、

再び出発しようとしたところ、

お釈迦様はその夜に涅槃に入られたと知らされた。

 

 

男は地に伏して泣き崩れた。

 

 

すると、背後から声が聞こえてくるではないか。

「もう私を探すことはない」

 

男は驚いて振り返ると、先ほどの鹿がお釈迦様の姿になり、

まばゆい光に包まれて立っていた。

 

 

そして、こう言った。

「もしあなたが昨晩私をここに残して立ち去っていたら、

きっと私には会えなかったでしょう。

あなたのこれまでの行いと共に私はつねに一緒にいました。

これからも私はあなたの中にいます。」

 

目の前の困っている人に手を差しのべようという、

その心こそお釈迦様の心そのものである。

どこか遠くにお釈迦様を求めても無駄骨を折るばかりだ。

最も近い心の中にこそあると気がつけば、

それで己に十分なのである。

 

 

*********************************************

 

 

困っている人がいたら放っておけない。

 

まるで『西郷どん』みたいな人でしたね。

 

昔、「正直者はバカをみる」という風潮がありましたが、

二十一世紀は心の時代といわれています。

 

「正直者はやはり救われる」のだと思います。

 

目の前の困っている人に真心を尽くせる人が、

笑って人生をおくれるんじゃないでしょうか。

母の日

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日5月13日は「母の日」ですね。

 

お花屋さんが最も忙しい時期なんだそうです。

西島が通っているフラワーアレンジメントの先生も

お花屋さんなんですね。

で、先生のお店も繁忙期なので、お手伝いに行ってきました。

(足手まといだったかも・・・)

 

 

 

主にラッピングをしました。

 

小学生の姉妹が小銭を数えながらカーネーションを買われたり、

若いご夫婦が買いに来られたり、

お父さんと幼い兄弟が真剣に選ばれたり・・・と、

素敵なシーンにたくさん立ち合わせていただけました。

 

誰かにプレゼントをする場面に立ち会えるって、

こんなに幸せな気分になるもんなんですね。

 

 

ところで、私にも3人息子がおりますが(県外に)、

なんら送られてくる様子はないので、

 

自分で作って自分に渡しました(笑)

 

そして、実家の母には、

あらかじめカーネーションとスイーツのセットを贈っておきました。

 

たぶん、どんな人にも母親の存在って大きいと思うんですね。

 

私自身も大きく影響を受けたと思います。

 

 

母に言われた言葉の中で、

心に残っているのが三つあるんですね。

 

「自分の周りの人を幸せにできんかったら、自分も幸せにはなれん。

自分だけが幸せにはなれんのや」

 

「仕事は、自分が損するようにやらなあかん。

自分が楽をしたら、だれもついてこん」

 

 

「人とおんなじことしてたってあかん。人の倍働きね」

 

 

曲がりなりにも、母の言い伝えを守るように生きてきたら、

十分すぎるくらい幸せになりました^^

 

というか、

西島の幸せのハードルがめっちゃ低いんですけどね^^;

 

生きてるだけで幸せ♪

 

働ける体があったら超幸せ♪

 

なんですよね^^