台風の被害は火災保険が適用されます

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと西島由紀恵です。

 

ようやく福井も台風が去った模様です。

あなたの街は大丈夫でしたか?

 

西島木材のお客様の中には、

『雨漏れがした』

『自転車小屋の窓が割れた』

『瓦を見てもらいたい』

等々のお電話がありました。

 

台風での被害は、火災保険が適用されます。

保険を使ったからといって、
自動車保険のように来年等級が下がるということは
ありませんから、利用した方が賢明ですよ。

 

ぜひ、証券なり(保険の)担当者なりご確認くださいね。

 

 

さて、現在解体中の現場があり、台風の被害がないか、
心配でしたので見に行ってきました。

 

といっても、早朝、社長が見て回り、
なんともなかったと帰ってきたのですが・・・

 

それでも、女性目線というものがあるんですよ。

女にしかわからない視点というものが・・・(笑)

 

外部のトタンがフラフラしてたので、

解体屋の職人さんに頼んで、はずしてもらいました。

 

中の方では基礎屋さんが入っていました。

 

職人さんたち(社員さんたちも)には、

この雨の中でも作業してくれ、本当に感謝ですね!

 

 

ここのところ、
休みのたびに断捨離をしている西島です。

 

実は自宅のプチリフォームを計画してるんですね。

 

 

それで・・・

 

今年は、社長の祖父(西島木材の創業者)西島多吉の

五十回忌があります。

その前に仏間をリフォームしたいとずっと思ってたんです。

 

プチとはいえ、やっぱりリフォームって楽しみですね。

今回はお客さんの立場を意識したいと思ってます。

 

 

 

古民家でハープ演奏

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

外はすっごい荒れ模様です。
午前中は暖かかったのにね。

気をつけてお帰り下さいね。

 

 

さて今日は、竹田にある古民家「山月荘」に行ってまいりました。

一昨年、西島木材が改修工事をさせていただいた、
とても思い入れのある古民家です。

 

本日はこちらで、ハープ演奏を聞きながら、
グリル葵のお料理が楽しめるという素敵な催しがあったんですよ。

ハープの音色って癒されますよねー♪
弦楽器ってやっぱ好きだなぁ。

 

とっても素敵な演奏を聴きながら、

 

急に気になったの。
「ハープっていくらするんやろ?!」って。
解せないですよねー^^;
商売人の嫁ですからねー^^;

 

実家のある永平寺町には、
“青山ハープ”という日本で唯一ハープ生産している会社が
あるんですね。
世界シェア2位というすばらしい会社です。
にもかかわらず、

『子供の頃、ハープ習ってたの』とか、

『趣味はハープです』とか、

私のまわりで聞いたことなかったから・・・。

 

ネットでみたら、新品だとなんと480万~だそうです。

 

おまけに、このグランドハープは弦が47本あって、
擦りきれるため、張り替えないといけないそうです。

その金額が1本数千円だとか。

 

 

たとえ中古であっても、
ちょっとやそっと簡単に習える楽器ではないですね。

 

 

だから、余計にハープの音色にあこがれが募るのかなぁ。

 

 

 

最近感じることなんだけど、
料理だけとか、音楽だけというより、
ミックスしたものが断然いいなぁと。

 

 

ディナーショーとかその典型なんでしょうね。

 

 

西島木材でいうところの「ディナーショー」的なことって、
なんだろう?!

 

何かと何かをミックスさせたもの。

 

ここのところ、私の課題となっています。(笑)

 

 

あ、グリル葵さんのお料理もどれも格別でしたよ。

 

 

 

 

 

 

機会があったら、ぜひ本店に行ってみたくなりました。

創業70年というから、ほぼ西島木材と同じ歴史なんですよね。

飲食業で70年てすごいことだと思います。

その魅力(ヒント)もさぐってこようかな^^

インタビュー

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと西島由紀恵です。

 

 

先日、うちの社長とインタビューに行ってきました。

 

なんのインタビューかと申しますと・・・

 

古民家(社屋)の持ち主に、

建物の歴史や生い立ち、思い出などをお聞きしてきました。

 

 

なんせ、インタビューが不慣れなもんで、

的を得た質問なのかなぁと心配になりながら・・・^^;

 

 

日本古民家再生協会という社団法人が出版している

「ジャパトラ」(ジャパントラディッショナルの略)に

掲載するためなんですね。

ちなみに、翻訳すると「日本の伝統」です。

 

掲載することで、再利用したいという人とのマッチングを

考えています。

 

 

持ち主の方々も真剣に率直に

質問に答えていただいたので、

これから、その思いを文章にしたいと思います。

 

 

歴史とか生い立ちとかお聞きすると、

すごく親近感が増すものなんですね。

 

改めて、ヒアリングは大事だなぁと痛感しました。

 

その人その人の・・・

 

その家その家の・・・
思いがそれぞれにありますからね。

 

そこは大事にしなければと思いました。

 

 

ところで、この「ジャパトラ」読んでみたいという方は、

西島木材㈱までご連絡ください。

TEL.0120-430-156

 

↓ こんな冊子です。

ジャパトラ:西島木材リフォームママの日記

そして、帰り、二人ともトイレに行きたくなり、

ここに立ち寄りました。

cafe chotto:西島木材リフォームママの日記

 

こちらも、古民家を利活用して、カフェにしています。

 

永平寺町 「永平寺口駅」のほん前にあります。

 

cafe chotto店内:西島木材リフォームママの日記

 

西島の実家がこんな造りなので、

妙に落ち着きます。

 

広い玄関に「おい」と呼ばれる広間があり、

その奥が田の字に座敷があります。

田舎の典型的な造りです。

 

奥の座敷には、コタツの席もあるんですよ。

 

 

お客さんは、三十代くらいの女性ばかりでした。

 

うちの社長のようなオッサンは一人もいません。(笑)

 

でも社長の勉強のためにも、たまには連れて行かないとね!

繊維工場あと

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日は、「木の住まい教室」の日でした。

 

 

 

今年で4年目となります。

 

11月から来年の3月まで、毎月やっておりますので、

興味があれば、ぜひご参加くださいね。

 

 

うちの社長、参加者がたった一人でも続けると言ってますが、

もったいないんですよね。

 

 

せっかくいい話なんだし、

ほかでは聞けないし、

役に立つし。

 

なので、たくさんの方に聞いてもらいたいなぁと思います。

 

 

 

ところで、2年ほど前、解体のお見積がありました。

 

福井県内の元繊維工場です。

 

廃業してから、ずっとほったらかしだったみたいです。

 

で、お見積したんですが、金額が合わず、そのままだったんですね。

 

 

 

つい先日、依頼者の弟さんから連絡がありました。

 

依頼者はお亡くなりになったとのこと。

 

で、また解体の話が復活したんです。

 

 

でも、100年くらい前の建物なので、

なにか利活用できないものかと思うんですよね。

 

 

勝山市にある「夢おーれ」に似てますね。

 

 

もし、興味のある方は、西島木材までご連絡ください。

TEL.0120-430-156

 

もちろん、見学可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャズライブ

こんにちは^^


福井県あわら市のリフィームママこと、西島由紀恵です。



ちまたでは、“ポケモンGO”が流行ってますが、


全くちんぷんかんぷんな西島です。



昨晩、三国町のLULLで、ジャズライブがありました。


お世話になってる方に誘われましたので、


ふたつ返事で行ってまいりました。



ここは、古民家をリノベーションしたレストランなので、


とっても興味があったんです。




お料理も音楽もとってもよかったですよ♬

個人的には、ランマの使い方や、内装材の材質や、

照明とかの方に目がいってしまいましたが・・・

今度は、社長と社員を連れてきたいなぁと思いました。

サックス奏者 白井さんとのツーショット。

やっぱり、いろんなものを見たり、聞いたり、

肌で感じていかないとダメだなぁと改めて思いましたよ。