集成の柱

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日も福井は雪がシンシンと降っていますよー。

田んぼや側溝にはまっている車も多いので、

じゅうぶんお気を付け下さいね。

 

ところで、

昨日(1/12)は妹の誕生日でした。

なのでLINEでお祝メッセージを送ったんです。

 

そしてついつい、書いてしまうの。

「ご主人を立てて、

お舅さんお姑さんを大事にしなさい。

それが子どもにとって、

一番幸せにつながります」

 

なんだか、西島がとってもデキた嫁みたい(笑)

自分は全然できんかったくせに・・・

人には言うてしまうんですよね^^;

 

さてさて、さっき薪ストーブに端材を入れようとして、

やめた木があります。

 

 

 

両方とも柱の切れっ端なんです。

ぱっと見、いっしょに見えるかもしれませんが、

まったく違うんですよ!

 

上から見るとわかりやすいかな。

 

左のは集成といって、

木材を5枚張り合わせてるんですね。

年輪もバラバラでしょ?!

樹種も表は米松で、中3枚は杉なんですね。

(この集成材を薪ストーブに入れるのをやめました)

 

 

右の方は、年輪もきれいに出てるでしょ?!

ほんまもんの木ってわかりますよね。

どう考えても、接着剤(化学物質)をしっかり塗った柱が、

体に害を及ぼさないとは思えないんですよね。

ただ、施工する側としたら、割れやソリがなく、

クレームは少ないので扱いやすいのも事実です。

 

 

私が家を建てるなら、息子たちが家を建てるなら、

集成の柱は絶対使わせないと思います。

 

 

デザインや間取りも大事ですが、

躯体に何が使われているかのほうが、

もっと大事だと思うんですよねー。

化学物質過敏症

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

GW始まりましたね!
いかがお過ごしですか?

 

GW初日、
実家の両親を連れて「吉崎御坊」へ行ってきました。

数年ぶりかな?!

 

今の時期、『蓮如上人の御影道中』といって、
京都本願寺から、ここあわら市まで
蓮如上人が帰省(?)しているのです。

その間、いろんなお店が出たり、
お説法があるんですよ。

ここは御坊の上のおやまから撮りました。

手前の湖が北潟湖、奥の方が日本海。

作家の五木寛之氏が大好きな風景だそうです。

近場ですが、両親もすごく喜んでくれて
よかったです♪

 

 

 

ところで、以前「化学物質過敏症」のお宅のリフォームを
手がけているというブログを書いたかと思います。

 

が、遅々として進んでおりません。

 

私たちも、「化学物質過敏症」について、
全く知識がなかったので、甘く考えていたのかもしれません。

 

本当に、想像を絶するご苦労をされてるんですよね。

 

「化学物質過敏症とは、一度に多量の化学物質に
曝露(化学物質を浴びること)されたり、
少量でも長期に渡って曝露され続けることによって、
その人の体の許容量を超えたときに、
拒否反応として一気に発症します。

 

一度過敏症を獲得すると、その後は、
ごく微量の化学物質に接しただけで強い拒否反応を
繰り返し示すようになります。

たいていは、発祥のきっかけになったものだけでなく、
それ以外のさまざまな化学物質にも
反応を示すようになります。

それを多種類化学物質過敏症といい、
以後は、拒否反応を示すさまざまな物質から逃げ回るという
生活が始まります。
重度になると自宅にも居場所がなくなります。」

 

こちらのお施主様は、まさに自宅でも居場所がなくなる
という状況でした。

 

「発症者は、ごく微量の化学物質にも反応するので、
外部との接触が難しく、不便な生活を強いられています。

医療や教育の現場での理解も十分ではなく、
「気にしすぎ」
「怠け者」
「わがまま」
などとされ、つらい思いをしている人もいます。」

 

リフォームをするにあたり、
建築資材のサンプルを取り寄せて、
反応が出ないかひとつずつ確認するんですね。

 

どんなに『自然○○○○』と謳われているものでも、
具合が悪くなったりするんですよ。

 

そのため、今まで工務店さんや大工さんから
見放されてしまってたんですね。

 

今までの工務店さんたちの気持ちも
わからなくもないのですが、
ていうか、よくわかります。

 

でも、たぶん西島木材が見放したら、
このお施主さんは他に頼めるところがないと思うんですね。

 

社長もそこをわかっていて、
最後まで見放さずに、じっくり進めていく覚悟です。