エクスマ新春セミナー

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

一昨日は、とても楽しみにしていた「エクスマ新春セミナー」に
行ってきました。

 

ざっくり言うと、ビジネスセミナーです。

 

経済のプロですら、予測がつかない時代だからこそ、
年の初めには、毎年参加しています。

 

エクスマ創始者の藤村先生

 

ビジネスセミナーといっても、落語あり、演劇あり、

映画ありで、しかも会場がライブハウスという・・・

楽しみながら学べるって、すごく大事ですね。

 

「五感を研ぎ澄ませる」ことを念頭において、

この一年過ごしたいと思いました。

 

どんな業種であれ、職業であれ、

学び続けることが大事だそうですよ。

 

というわけで、

本日、木材を直角にする加工の練習をしました。

もちろん、西島もしましたよ~。

これからもまだまだ練習は続きます^^

大人になってからの勉強は、めっちゃ楽しいです!

 

 

 

 

環境整備の指導日でした

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

昨晩はフラワーアレンジンメントのレッスンに行ってきました。

 

なんだか雑多な感じがしますが、

Xmasをイメージしています。

4本の三角形のは、キャンドルなんですよ。

ヨーロッパでは、Xmasの4週間前から飾り、

1週間ごとにキャンドル1本ずつ消す(?)使う(?)らしいです。

 

花をさわってるときは、ほんと楽しいです^^

 

 

さて、本日は「環境整備」の指導日でした。

座学の後、

構内の隅々までチェックしていただきます。

(先生の鋭い視線が・・・^^;)

 

もちろん、毎日掃除していますが、

職業柄(製材、木材の加工、リフォーム業)

汚くなりやすいんですね。(←言い訳か^^;)

 

たくさん、ご指摘、アドバイスいただきました。

 

 

「モノの乱れは心の乱れ」

ロス、ミス、ケガの元ですからね。

これからも、環境整備に真剣に取り組んで参りたいと思います。

 

最終的には、会社内だけでなく、

リフォームの現場(工事中)の環境整備を徹底したいのです。

赤ちゃんがハイハイできるくらい!

 

がんばるよ~\^0^/

 

 

朝の来ない夜はない ~負債40億円からの挑戦~

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は「文化の日」

文化の日は毎年天気がいいですよね。

とっても爽やかな一日でした。

 

 

 

さて、昨晩、あわら市商工会で講演会がありました。

 

 

株式会社 湯佐和の湯澤社長の講演です。

創業者であった父の急逝により、突然社長となられた湯澤社長。

40億円という莫大な借金を引継ぎ、倒産寸前の会社を

ボロボロになりながらも、再建していかれました。

 

 

以前、湯澤社長のCDを聞き、深く感銘し、

何十回と聞いていました。

FBでもお友達になっていただきました。

(今は湯澤社長はFBをやめられたとのこと)

 

今年の冬、来福されたときも、

もちろん聴講させてもらいました。

 

すっかりファンになってるので、今回も楽しみにしてたんです♪

 

CDは何十回も聞いていて、内容は頭に入ってますが、

やはり生は違います!ライブは最高ですね。

 

 

今回、特に気になったところは、

 

「当面策と根本策の並行」です。

 

湯澤社長いわく、

『中小企業の経営者とは、こんなに日々の業務に追われるものなのか

と思った。

ただ、目の前の業務に追われていたら、いつまでたっても

ステージが変わらないままだ。

どん底で緊急業務に追われながらも、並行して、

本当に必要な取り組みをやり続けなければいけない』と。

 

めちゃくちゃ、共感しました。

 

常に目の前の業務に追われているんですよね。

 

で、忙しいだけで、結局、ステージが変わってないんです。

ほんと、湯澤社長のおっしゃる通りなんです。

 

 

湯澤社長はどうしたかというと、

4時までは、日々の業務にあたり、

4時になったら会議室にこもるそうです。

そこで、仕組みを考えたり、経営計画を立てたり・・・

という時間を無理くり作っているとのこと。

 

ここは、うちの社長も私も真似しようと思ったことです。

 

会社にいたら、来客の対応や電話、雑務と、

あっという間に時間がなくなっちゃうんです。

 

それも大事なことだけど、どこかで

「このままではいけない」という思いも前々から感じてました。

 

毎日は無理でも、週に一回、2~3時間でいいから消えよう!(笑)

うん!そうしよう!!

 

 

それから、もうひとつ、響いた言葉が、

「なんでもいいから、

うまくいってるもの(商品、サービス、店、部署、等)を

一点突破する」

 

中小企業の弱者は、どうしても弱点に目がいく。

弱点を克服しようとしがちだけど、

強みにフォーカスすべきだと。

 

この強みにフォーカスというのは、

うまくいってる経営者が必ずおっしゃることなので、

ここは、外しちゃいけないポイントなんですね。

 

 

他にも参考になること満載の講演でした。

 

 

私の封筒

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

のぼりを新調したんですが、

今までで一番わかりづらいのぼりになってしまいました(泣)

文字も写真も・・・・・

 

ま、こんな日もあるさ・・・

と思うしかないですね。

 

この通りで、のぼりが何本もはためいているのは、

西島木材ぐらいですから(笑)

のぼりを目印にいらしてくださいね。

 

 

さて、本日は社内研修をしました。

6回コースの5回目。

 

大詰めです。

 

 

 

社員たちは、それぞれ自分の本当にやりたいこと、

どういう職場がいいのか、

どういうチームワークがいいのか、

どんな生き方をしたいのか、

何のために働いているのか。

 

少しずつ明確になってきているようです。

 

それはすごく嬉しいんだけど、

私自身は、どんどんわからなくなってきています^^;

 

 

1、社員が安心して働ける環境を作りたい。

 

2、お客さんに喜んでいただきたい。

 

3、いい会社にしたい。

 

いくつも挙げてきて、グループ分けすると、

この3つに絞られたんですね。

ただね、ウソ偽りではないけれど、

「私はこれをするために生まれてきたんだ!」というのが

感じられないの。

 

先生からも、

『もっと奥深いところに、奥さんの使命があるんだと思います』

 

 

そうなの。

かきたてられる思いというのでしょうか?!

 

これをやらずには死ねない!という熱い想い。

 

 

かなり前、このブログにも書きましたが、

 

***********************************

人は生まれてくるとき、

ひとりひとり封筒を持って、この世に出てくるそうです。

 

その封筒の中身は、ひとりひとり違っていて、

この世で何をすべきか、

いわゆる使命が書かれています。

 

 

でも、ほとんどの人がその封筒を開けないまま、

死んでいくそうです。

 

***********************************

 

私は、この文章を読んだときから、

ずっと自分の封筒の中身が知りたくて知りたくて

というか、早く開けなきゃという思いにかられていました。

 

 

たぶんこんなことかなぁと思いつつ、

いつまで経ってもしっくりこないのです。

 

 

そうはいっても、現時点では

西島木材を盛り立てていかなければいけないのは、

間違いないので、そこはしっかりやらなくちゃね!

 

 

働ける体と、働ける場があることに

まずは感謝しようと思います。

 

 

 

 

 

 

経営革新フォーラムに参加して・・・

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日はいいお天気でしたね。

雪もまだ積もってますが、

こんな時期の紫外線には要注意ですよ。

 

もしかしたら、夏以上かも・・・(と西島は感じてます)

スッピンでも日焼け止めだけは塗りましょうね^^

 

 

さて、今日は「経営革新フォーラム」2月例会でした。

本日の講師は、神奈川県のさくら住宅 二宮社長。

 

 

以前、坂本先生(法政大学教授)から、

『リフォームやってるなら、神奈川県のさくら住宅は

いい会社だから勉強するといいよ。』

と言われました。

 

「はい、わかりました~」

と返事だけはしたものの、

どうやってよそ様の会社を勉強していいかもわからず、

月日だけが流れてました。

 

 

今日やっと、さくら住宅 社長様にお会いすることができたのです!

 

今月の例会は、西島のための勉強会のようでした。

がっつり同業者ですから、

ものすごく理解できるのです。

 

西島木材は創業70年になりますが、

リフォームハンズにしじま(リフォーム業)に参入して

まだ16年なんですね。

 

 

曲がりなりにもやってきたことは、

あながち間違いではなかったんだと確信できました。

 

 

中小企業がやってはいけないこととして、

次の3つをあげられました。

①価格競争には走らない。

②社員間競争をしない。

ノルマはないが、目標はある。

③品ぞろえを増やさない。

 

意図してやってきたわけではないけれど、

弊社もそうしています。

てか、そうせざるを得ませんでした^^;

 

また、赤字の会社と言うのは、

地域に必要とされていない会社であると・・・

利益は必ず出さなければいけない。

 

お客さまとは対等であれ。

 

税金は1円でも多く払いたい。

 

利益管理の徹底。

 

等々、激しく共感できました。

 

 

二宮社長は、リフォーム業界のイメージをよくするための

活動や指導もされています。

 

 

また、ぜひお会いしたいなぁと思える経営者でした。

 

 

今日、明日と主人(社長)は出張なのですが、

帰ってきたら、この話を間髪入れずにまくしたててしまうことでしょう(笑)