朝の来ない夜はない ~負債40億円からの挑戦~

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

今日は「文化の日」

文化の日は毎年天気がいいですよね。

とっても爽やかな一日でした。

 

 

 

さて、昨晩、あわら市商工会で講演会がありました。

 

 

株式会社 湯佐和の湯澤社長の講演です。

創業者であった父の急逝により、突然社長となられた湯澤社長。

40億円という莫大な借金を引継ぎ、倒産寸前の会社を

ボロボロになりながらも、再建していかれました。

 

 

以前、湯澤社長のCDを聞き、深く感銘し、

何十回と聞いていました。

FBでもお友達になっていただきました。

(今は湯澤社長はFBをやめられたとのこと)

 

今年の冬、来福されたときも、

もちろん聴講させてもらいました。

 

すっかりファンになってるので、今回も楽しみにしてたんです♪

 

CDは何十回も聞いていて、内容は頭に入ってますが、

やはり生は違います!ライブは最高ですね。

 

 

今回、特に気になったところは、

 

「当面策と根本策の並行」です。

 

湯澤社長いわく、

『中小企業の経営者とは、こんなに日々の業務に追われるものなのか

と思った。

ただ、目の前の業務に追われていたら、いつまでたっても

ステージが変わらないままだ。

どん底で緊急業務に追われながらも、並行して、

本当に必要な取り組みをやり続けなければいけない』と。

 

めちゃくちゃ、共感しました。

 

常に目の前の業務に追われているんですよね。

 

で、忙しいだけで、結局、ステージが変わってないんです。

ほんと、湯澤社長のおっしゃる通りなんです。

 

 

湯澤社長はどうしたかというと、

4時までは、日々の業務にあたり、

4時になったら会議室にこもるそうです。

そこで、仕組みを考えたり、経営計画を立てたり・・・

という時間を無理くり作っているとのこと。

 

ここは、うちの社長も私も真似しようと思ったことです。

 

会社にいたら、来客の対応や電話、雑務と、

あっという間に時間がなくなっちゃうんです。

 

それも大事なことだけど、どこかで

「このままではいけない」という思いも前々から感じてました。

 

毎日は無理でも、週に一回、2~3時間でいいから消えよう!(笑)

うん!そうしよう!!

 

 

それから、もうひとつ、響いた言葉が、

「なんでもいいから、

うまくいってるもの(商品、サービス、店、部署、等)を

一点突破する」

 

中小企業の弱者は、どうしても弱点に目がいく。

弱点を克服しようとしがちだけど、

強みにフォーカスすべきだと。

 

この強みにフォーカスというのは、

うまくいってる経営者が必ずおっしゃることなので、

ここは、外しちゃいけないポイントなんですね。

 

 

他にも参考になること満載の講演でした。

 

 


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA