福井県勝山市

こんにちは^^

福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

昨日、ずーっと行ってみたい!と気になっていた

「旧木下家住宅 大解剖」に行ってきました。

 

このチラシを見たら、

まず古民家の解体途中というか再生途中の

現場だと思いませんか?

サブタイトルも「180年ぶりの大修理」とあるし・・・

 

 

ところがところが、

 

西島の期待を大きく裏切りました!

 

ナビで行くと、工事現場らしきものはなく、

なぜか勝山城にたどり着いたのです。

 

(実は勝山城があることすら今まで知りませんでした^^;)

 

 

 

このお城の4階で、写真展があっただけなのです。

 

 

ガーーーン!

 

わざわざ1時間かけて、勝山まで来たのにーーー!

 

「ま、西島の人生にはこんなことがしょっちゅうあるさ」

と気をとりなおし、

勝山城の成り立ちを学んできました。(笑)

 

この勝山城は、

勝山市出身のタクシー会社社長(今は亡くなられています)が、

築城されたそうです。

 

この多田翁は、戦前戦後の動乱期を乗り越えながら、

裸一貫から関西トップのタクシー会社を築き上げ、巨万の富を得ました。

 

『私が今日あるのは、あらゆる人たちに有形無形の迷惑をかけ

借金したからだ。

残された人生で“無形の借金”を返済してしまわなければ

私の人間としての価値はないのではないか』

 

と、あちらこちらに寄付を続けたそうです。

側近曰く、1000億円は超すと。

 

この勝山城の総工費も380億円だそうです。

 

このお城の他にも、大仏も建てられてますからね。

奈良の大仏よりも大っきいんですよ。

 

(そこは30年前に一回だけ行きました。)

 

こういうのを「故郷に錦を飾る」って言うんでしょうね。

 

今まで、多田翁のことは、なんにも存じ上げなかったので、

いい勉強になりました。

もし、勘違いで行かなかったら、

一生行かなかったと思いますもん(笑)

 

その後、えち鉄カフェにも寄りました。

 

 

勝山市は、恐竜博物館で人気を博してから、

観光に力を入れてるのがわかります。

 

 

そして、会社に戻ったのですが・・・・・

 

夕方、また勝山に出かけたのです。

 

木工教室によく参加してくださる方と、

スキージャム勝山のイルミネーションを見に出かけました。

 

恐竜の鳴き声が、妙になつかしくて、心地よかったです。

(これは西島だけかも(笑))

 

ただ夜はやっぱり肌寒いです。

今の時期は、羽織るものを持っていった方がいいですよ。

 

 

いま、勝山市で2軒古民家の解体や補修を

させていただいていることもあり、

勝山によく来るようになりました。

 

なかなかおもしろいとこですよ^^

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA