棕櫚の木

こんにちは^^
福井県あわら市のリフォームママこと、西島由紀恵です。

 

 

今日の福井県民のSNSは「雪かき」ネタが多かったですね。

もちろん、西島もやりましたよー!

地球温暖化が叫ばれているせいか、

たまに“雪国”であることを忘れるんですよね(笑)

 

(今朝、散歩中撮影)

 

 

昨日、大工さんから

『鐘突き棒ってなにがいいかな?』と聞かれました。

 

なんでも、その大工さんの地元のお寺の鐘突き棒が

除夜の鐘の最中、落ちてきたらしいのです。

 

 

いつもなら12時を回っても除夜の鐘が聞こえるのに、

今年はなんか早いなぁと思ってたんですって。

 

先の台風で瓦がずれてたんですね。

そこから雨漏りがして、下地が腐ったみたいです。

それで、鐘突き棒を支える鎖が落ちてしまったと。

 

 

 

一般に、鐘突き棒は「棕櫚(シュロ)」が多いです。

シュロは木ではないんですね。

ヤシ科になります。

 

なので、適度な柔らかさと適度な硬さで、

鐘楼自体を傷めないんですね。

 

なおかつ、音色もいい。

 

また、木は少しでも割れると、

突いているうち、最後まで割れてしまいます。

シュロの場合、先っぽだけカットすればずっと使えるので、

メンテナンスも楽なんです。

 

 

いっつも感心するんだけど、

先人たちの知恵ってすごいですよね。

適材適所が秀逸なんですもの。


The following two tabs change content below.
西島由紀恵

西島由紀恵

三代目の女房西島木材株式会社
福井県あわら市という小さな街で小さな材木屋&建築を営んでおります。三代目の女房です。エクスマ北陸塾73期のエクスマ初心者です。 「あせらず、比べず、怠らず」を信条にボチボチがんばってます。
西島由紀恵

最新記事 by 西島由紀恵 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA